Hedonism

※個人の主観です

なうぇすと前半雑感

いろいろありますが!まずは!楽しい話を書きまーす。

 

なうぇすと前半戦終了。普通の正社員なので入れない公演もあったけど横浜、福井、福岡、宮城、名古屋とコンサート観てきました。
ちょっとこの生活すっごい楽しいな?!?!
正直チケット取った時点では、3週連続遠征って体力的に大丈夫…?私若くないよ…?て若干現場鬱になりかけたんですけど、始まってしまえば全然、コンサートがあるから逆に体調に気を配るし、今週乗り切ればまた観れる…!というモチベーションでやってこれたので、心身ともにとても健康でした(笑)。

横アリ初日2日目と入って、2日あけてラスト2公演のその間でもう、コンサートがどんどん良くなっていっていることを感じたし、それから地方回って回数重ねるごとにブラッシュアップされていって、やってる内容は同じだけどもう体感として横アリと名古屋では全然別物のように思えた。
メンバーもたぶん、このコンサートのここをこう盛り上げる、ここをキメる、挨拶はこうする、MCはこのくらい話せる、ここで煽る、というコツを掴んだのか、横アリで少しモヤモヤしていた部分も改善されてよかった。

横浜福井、どちらもとても楽しく盛り上がったコンサートを重ねての福岡。メンバーが去年の開演前の合唱の話をいろんなところでしていたが、今年も同じように会場のファンが歌って、メンバーが喜んでいた。福岡はとにかくレスポンスもでかく、めちゃめちゃ盛り上がるので、どんどんメンバーもご機嫌になっていくのがわかった。それによって、福岡に参加していない人たちから「福岡ばっかり」というような声も上がっていたらしい。
しかしそれを経ての宮城が、これまたすごく盛り上がった。福岡に対抗して、というのはあまりいいことだとは思わないんだけど、開演前の合唱が起こって、メンバーが「聞こえてたでー!」って喜んで。コンサートのノリもめちゃめちゃ良くて、声が良く出ていて、メンバーがとにかく嬉しそうだった。そしてさらにそのあとの名古屋がまたまたすごく盛り上がった。はまちゃんも言ってたけど、回を重ねるごとに、昨日を超えていく。福岡だから、大阪だから、じゃない。会場じゃない、地域じゃない。その日そこにいるジャニーズWESTと関西Jr.とファンが、どれだけやれるか、なんだ。「盛り上がれんのかー?俺ら次第やー!」ってことだ。メンバーが煽るから、ファンも応えようと盛り上がる。それを見てメンバーも喜ぶから笑顔になる。ファンは嬉しくてもっと盛り上がる。そういった相乗効果でどんどんボルテージが上がっていく。ジャニーズWESTのライブは、その心と心の受け渡し合いが美しいなと思う。一方的ではなく、ちゃんと発信してちゃんと応えるというコミュニケーションがWESTとファンとでできている。相思相愛の関係だなぁとつくづく思う。

その最たる瞬間が名古屋ラストのホルモンで、前日に神ちゃんが歌いながら通路に出て、流星がセンステ付近まで出てきて、のんちゃんもセンステまでダッシュというレポを見ていたら、その日ははまちゃんソロの前の部分で、はまこたがズンズンズンズンセンステへと歩みを進め始め、えっちょっと待てやばいんじゃないの?!って顔をしながらも止まらない二人を追いかけてばどしげがついてきて、そっからはまちゃんソロ~大サビまで(スタンバイではけたりゅかみを除く)全員センステで歌うという前代未聞のことが起こった。アンコールの時に照明さんごめんなさいみたいなことを言ってたからあれは変更点ではなくて勝手にやったことなんだと思う(笑)。
メインステからセンステへ歩いて前へ出ていくという行為がそのまま彼らのそのときの熱いパッションを表してるように感じた。気持ちがどんどん前のめりになる感じ、あらかじめ決められたことを破って制止を振り切って歩みを進めたくなるその衝動。それがそのままファンとの心の距離が近づき交わった瞬間であるように思えて。そのカタルシスを得られる場が現場で、だから私はコンサートが好きだ。

前半でコンサートの出来がここまで良いものになっちゃってるんだから、後半どこまでいっちゃうんだ?!勢い止まることなく突き進んでくれー!後半も楽しみにしてます!