Hedonism

※個人の主観です

ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy? 感想

まずは嵐のあゆはぴツアーの感想を。

私的オーラスを12/28の東京ドーム公演で無事迎えました。今回の感想、率直に言うと

嵐は楽しい!Happy!以上!

という笑。とにかくシンプルに、ただただ楽しくて、Are You Happy?と問われたらI'm Happy!と答えたい、そんなツアーでした。ここ数年の、コンセプチュアルな、挑戦、技巧、演出…で魅せた、完成された世界観とは違う、いい意味で肩の力の抜けた、適度な緩さがあって、それをドームでやれてしまうのが今の嵐で、ドームだからといって気負わない、この嵐の本来持つ、親しみやすくて身近で、隣にいそうなお兄ちゃん感をそのままドームでお届けできてしまうのは、ドームを完全に掌握した嵐だからこそできる、大人の嗜みと言ってしまっていいのでしょうか。

今回私的初日の東京11/20が、見切れ席だったんですよ。私、見切れ嫌いなんですけど笑、終わった後ね、そんなことまったく気にならないくらい満足度が高くて。もちろん智ソロとか正面から見た方が断然いいのもあるんですけど。左右の縦長のでかいモニターがかなり映してくれてたので(智ソロの踊れてない智も映ってた)、それで助かったのもあるんですが、ここ数年の、演出で魅せるコンサートだったら、ここが見えないのは致命的…!って思ってたかもしれないんですけど、今年はそういうのとはまた違う、あの空気を楽しめるものだったからなのかもしれないなぁと思いました(もちろん演出が素晴らしい過去のコンサートも最高ですよ)。そのためか、今回3回入ったんですけど、なんかもっと入ってるような気になるくらい満足できましたね。

あーあったかいなぁ。居心地いいなぁ。目の前にいる嵐は、LINEグループでワイワイ画像送り合ったり、みんなで楽しくスイーツ食べて女子力上げてみたりする、仲良しなお兄ちゃんたちで。おっきく国を背負うまでになった嵐だけど、なーんにも変わらない、等身大の男の人たちで。気のせいかもしれないけど、この数年のどのコンサートよりも彼らがずっと笑顔で、楽しそうにキャイキャイワチャワチャして、ファンの方を見て嬉しそうに手を振ってて、今本当に楽しんでる!って感じがして。嵐が笑うからみんなも笑って、相乗効果でどんどんこの空間がHappyになる。だから私の感想も、難しいことこねくり回すことなく、単純に楽しかった!だけが強烈に残って、すっきり帰れるコンサートだったのかもなって思いました。そういやコンサート帰りの疲れもあんまりないかも。足取りが軽かった。気持ちが上がったまま帰って、次の日もそのままのテンションでいられたのかな。

以下印象的だった内容について箇条書きで軽く。

・オープニング映像がまず最の高。リハーサル風景(おふざけあり)を流すってなにそれおたくに優しすぎる。もっとどんどんそうやっておたくに媚びてくれ。私は全力で美味しくいただく。二宮氏がギター弾きながら「それが〜相葉雅紀〜♫」とか歌ってて安定…。と思ったのと、いきなり厳しくなる松本さんと、翔くんがドラマの撮影重なってリハーサルの時間が取れないと語っててそのあとにメンバーが張り紙で翔くんにメッセージを残してあげてるところにグッときた。

・翔くんの最初の挨拶の煽りはいつもかっこよくて、最高にイイ顔してる。大好き。ソロはかわいくて爽やかで、そのあとTo my homiesにつながるのがいいなと思いました。

・DRIVE神演出か。潤くんが考案ってWSで言ってたけどさすが。車型の外周スタトロで5人がドライブ風に回ってて、翔くんがハンディカメラでそれぞれを撮影してて。平和。東京12/28で相葉さんがニノに膝枕したり、名古屋12/17ではソロのこと考えてぼーっとした大野さんがただただカラオケにきたおっちゃんのように手拍子してたり。そのあとのStep and Goで翔くんがラップのときに智、ニノ、相葉さんの真似を一人一人やって、で潤くんが向けるカメラに向かってラップして、最後潤くんと二人でノリノリになるっていう…翔潤よき…ごちそうさまです…

・智ソロ前のアルバム買ってない人聞くくだりは、そのあとのこれが嵐です!覚えて帰ってください→待て待て!大野がいない!って流れにつなげるためのネタだと思ってるんだけど違いますか。

・智ソロはアートだって言ってたけど、まさに大野智の世界観だなって思いました。ふざけてるんだけど、超絶技巧的っていう。完璧なパントマイム、神技ステップ。なのに扉の開け方を毎度変えてきたり、モニターに映る増える智の中に一人だけ踊れない子を入れてみたり(ジャニーズJr.に一人はそういう子いたよね…っていうコンセプトらしい)。智ソロはあのレベルまで到達するんだなと思いました。

・そんな智ソロからTWO TO TANGOにつながるんだからもう。高低差激しすぎるわぁ!

・MCがもうほんと嵐。ニノがひたすら言うお料理エンターテイメント気になりすぎる。確か東京11/20でセンステからメインステに戻るときに誰もマイク通して話さず、30も過ぎるとこうだから!みたいに言ってて、大人の余裕…!と思った。12/28の紅白のくだりで優勝旗を相葉さんから奪おうとする大野さんにそれはダメだよ!をひとりギャンギャンいう二宮さんさすが強火…と思ったね。

・Baby Blueはね、泣きそうになっちゃった。潤くんがお世話になった蜷川さんや勘三郎さんとのツーショット。そして新しい命と一緒に映る写真。空を見上げるような潤くん。潤くんは今、この歌を生で歌いたかったんだなぁと思ってグッときた。そのあとのMiles Awayの5人のハーモニーも素敵でした。

・ニノソロは、これはもう、私が二宮担だったらもうここで死んでもいいな、と思えるくらいだろうな、ここで命を終えても何も惜しくないわ…って思いました。まさに絶品。

・相葉ソロからの青春ブギ。これを見て、本当にこの紅白司会男は、今一番ノリに乗っている男だな、脂乗ってるねぇ〜!!と思いました。自己プロデュース力の高さ、振り切りの良さ、周りを巻き込む力、そしてそれをエネルギーに変え、爆発させる力。こんなところまでいけるんだねぇ人ってやつは…(しみじみ)。ちょっと今誰も追いつけないよねこの人には、と思いました。

・アンコールに五里霧中を持ってきてくれた。大好きな曲。血が湧き上がるような感覚、嵐で久々に味わったかも。歳を重ねても、嵐にはまだまだ青さが似合う。

 

12/28のラストで、潤くんが嵐にはHappyになれる曲が多いって言ってたけど、本当にそう思う。彼らからもらうエネルギーで明日も頑張れる。笑顔をたくさんくれた嵐に今年も感謝です!