読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hedonism

※個人の主観です

Sexy Zone 楽曲大賞に投票しました

待ってましたSexy Zone楽曲大賞!!絶対やりたかったやつ!!投票してきました。今回投票するにあたって、セクゾンちゃんはユニ曲やソロ曲も同時投票だったんですが、いちおうSexy Zone名義の楽曲に絞りました。他にも選びたかった曲やユニ曲ソロ曲についても書きますね。

 

1位「4 Seasons」

私この曲がなかったらたぶんSexy Zoneのファンになってないと思うんすよ。「突然の雨に濡れた春」って歌詞がありますけど、まさにSexy Zoneという雨が突然降ってきてびっしょびしょに濡らされた当時の私…。この曲の歌詞がすごく私の心境とリンクして、Sexy Zoneがおいでおいでしてる…呼ばれてる…これが担降ろしソングか…って思ってました(結局担降りはせず掛け持ちを選んだんですが)。「こんなもんじゃないよもっともっと 輝けるはずさ」この歌詞の強さを信じてきました。ふまけんメインボーカルの布陣も強い。

2位「Silver Moon」

当時10代だった多感な時期の彼らの、立ち止まって踏ん張ったり涙を堪えたりしながらも前を向いていく等身大の青春らしい自分応援ソング。これは聴いているファンというよりSexy Zone本人たちの背中をそっと押してくれるような曲なんじゃないかな…なんて。歌詞がイナ戦の丈弥さん!さすがです!「誰だってそうだよ 遠回り空回り 間違って強くなっていく夜空見上げたら」って歌詞がすごく好きだなぁ。セクチャンダブルダッチ回で使われてて涙を誘ったなぁ…。もしSexy Zoneのドーム公演が叶ってそこでこの曲やられたらヤバイなぁ号泣だなぁ…。

3位「We Gotta Go」

4 Seasonsで好きになったとしたら、WGGはちょうど、Sexy Zoneにハマっていくその最中に流れていた曲。この前向きで高揚感のある曲が、私のSexy Zoneへの想いが増大していく過程にぴったりで、今でもこの曲を聴くとあのときの新しい世界を知っていく、ドキドキワクワクした気持ちを思い出します。セクチャンの初期のテーマでもあったんだ。あの楽しい気持ちも思い出すなぁ。とにかく未来は明るい!としか信じられなかったし、今もこの曲聴くとそう思う。Sexy Zoneの未来は明るい。

4位「Hey you!」

今では信じられないですがセクパワ内唯一の5人の新録曲だったんですよ、それがこの三浦徳子大先生の、設定としては10代…高校生くらい?のカップルの恋愛模様を歌った、大して深い意味もないアッパーチューンで、なんかそれに救われたんですよね。トンチキはぶつかっちゃうよの方が強いですが、このノーテンキさがSexy Zoneらしくて、あーSexy Zone変わらないなぁ…って、それがこの時期にはすごくよかった。横アリでのセクゾンツムツムも見ちゃったし、思い出深い1曲です。

5位「Power of Run」

KQJのカップリングとして収録されて、当時のインタビューで聡マリもレコーディングしたっぽかったのに、蓋を開けてみたら3人で…セクセカと、その年のたまアリ神戸の夏コンの各会場ラストで確か歌われて。この曲の歌詞が、まさに、その後の、体制変更からの5人での再出発のストーリーをなぞっているようで。「ひとつふたつ光る疑問の刃 全て蹴散らしてやれ 俺たちの意志で」「押したら倒れてしまう 単純なコマにならないで 分厚い歴史の中も 本当の自分で戦い抜け」「本気の情熱 過去は燃やさない 俺たちの未来で生きる 輝いた夢を目指せ」WtoSZコンでこの曲を5人で歌っている姿を見て、今この瞬間が何よりの宝物だなと思いました。

 

私が投票した曲は以上です!あー5曲は少ない!コングラはWtoSZ初日のレポ見ただけで電車で泣いたし、イフワナは当時10代の彼らに歌わせたことが天才&少クラのパフォーマンスが好きすぎたし、ハイピーも少クラのマトリョーシカゾーンちゃんたちがかわいすぎだし、ミルキーウェイの2番のサビのふうまくんの歌が好きすぎるし、With youとかイジカムとかKnock×3とかLove Confusionも好き…改めて良曲多いな、と思いました。ヒトメボレも好きよ。この曲踊る松島くんは至高だ。

 

〜番外編〜

今回は個人的にSexy Zone名義の曲に絞って選びましたが、ユニ曲やソロ曲でも好きなのあるんで、番外編であげさせていただきます。

・「トラフィックジャム」Sexy Boyz/Sexy 松

初解禁が確かQrzoneで、イントロのギターからもう好き!!ってなったの覚えてる。大切な聡マリちゃんの曲がすごーく自分好みの曲でほんとに嬉しかったし、この曲にこの年はかなり救われた。聡マリは都会的でオシャレ。セクパワコンでの6人の、手に持ったライトを車のライト?に見立てた演出もすごく好きだったなぁ。あと私はセク松が好きだったし今でも好きだし、セク松にはかなり救われたので。私が見たかった聡ちゃんはあの頃セク松が見せてくれた。松松の二人をなかなか見る機会がなくなっちゃったけど今でも影ながら応援しています。

・「But…」菊池風磨

ていうかふうまくんのソロ曲は全部好きなんですけど←、ふうまくんのソロの音楽性が好みなんですけども。But…はWtoSZコンサートの演出がすごく好きで、でそのあと少クラでなんかいきなり雷が落ちて、それから取り憑かれたように観て聴いてた。私がジャニーズJr.になれるならこの曲をバックでカッコつけて踊りたい。風磨コンも例に漏れずよかった。あとWait for youよかったな…あの曲をあんなパリピウェイ曲に…←

・「Teleportation」中島健人

これはもう、割とイントロから衝撃的だったというか。ケンティのソロだとCANDYの方がいろいろ威力ある感じしますけど、私はこの曲に脳天突かれたような感じでしたね。「I'm in Tokyo now〜」のところの歌い方もすごく好きだった。サマリーの白シャツで歌い踊る健人くんもすごくかっこ良いし。遠く離れた彼女に今すぐテレポーテーションして会いに行く…という切ない歌詞を10代の健人くんが歌うからさらにリアリティがあってよかった。

・「Hachidori」佐藤勝利

どうしても発言や歌詞を深読みしてしまいたくなっていたこの時期に勝利くんの言葉で書かれた歌詞。どんな意味が込められていたのか、それは勝利くんの心の中にしか本当の答えはありませんが、この、優しく温かい歌詞に希望を抱いた人も多かったと思います。5色のハチドリ柄のスーツの衣装も本当に勝利くんらしくてよかったですよね。二十歳を迎えた勝利くんが、Sexy Zoneでたくさんやりたいことができる世界でありますように、そう願ってやまないです。