Hedonism

※個人の主観です

【2016.7.22更新】嵐×WEST 発言まとめ②

2016.7.21 パズドラ新CM 追加しました。あとタイトル変えました。スクロールでどうぞ。



ワクワクに関するWEST側の発言をメモしてたんですけど、嵐側から出てきたものもちょっとまとめておきたかったんで、記事新しくしました。

ワクワク学校に関わらないことも載せます。
あくまで自分用メモなんで、自分が拾えたものしかメモしないんで、すみません。

過去記事はこちら↓

konayukia5.hatenablog.com

 


2016.7.5 fm yokohama ARASHI DISCOVERY(大野智

小瀧さんとメアド交換した話

大野「このまえようやく、大阪のワクワク学校のときに食事会が軽くあったんですよ。ようやく小瀧望、えーのぞ兄、と連絡先を交換しました。ハハハハ。ドラマ中じゃなく。となりだったの席が。で二人でずーっといろいろ話してて。ほんでまだ彼未成年だから、もーすぐハタチか、今月の30でハタチだから、7月30になってハタチになったらちょっと軽くお酒でも軽くちょびちょび飲みながら話そっかみたいな。でまぁ、僕から言いましたよ、連絡先を。そしたらね、あの、マジすか?!?!やっとすか?!?!みたいな感じでw交換しましたねぇ。まぁ僕もね、映画撮影もありますけどほんと一回はね、ちょっとお祝いしたいなぁとは思いますけどね。まぁちょっとあの、考えますけども。」

のんちゃんはずーっと大野さんにべったりだったようですよね(笑)大野さんはふうまくんとも連絡先交換したと。ふーちゃんと呼んでセクゾの看板を写メって送ったとw聡ちゃんにもご飯行こうって言っているようだし、かなり積極的に後輩とかかわるようになってますね。

2016.6.29~7.6 ジャニーズweb ジャニーズWEST連載「な・に・わ・ぶ・誌!」(中間淳太藤井流星小瀧望)

有料コンテンツなので、トピックスのみ。詳しくは、ジャニーズwebに登録してご覧ください!

(中間、6/29)
・二宮先生の助手なのに松本先生の授業を自分の時間だと勘違いしていた濵田。松本さんも「あいつ何だったんだ」とw
・二宮さん→中間さん「おばさんぽくない?」
・相葉くんから「じゅたおじさん」メール

(藤井、7/6)
・櫻井くんの「流星」呼びが嬉しかった
・相葉くんは「天使」

(小瀧、7/6)
・MDAY隣で歌ってセカムズ思い出した。
・名前出してくれたラジオも聴いた

淳太のなにわぶ誌で歩きながら噴いたんでぜひ内容を読んでほしい!!大阪では連絡先交換してなかったのに東京で相葉さんと交換できたのね、淳太くん。

2016.7.8 文化放送 嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス(相葉雅紀)


流星に服あげた話

相葉「ワクワク学校終わって、今回だからジャンニーズWESTのさ、彼らと一緒にやったんだけどその中の一人の藤井流星と、流星とひっさびさにご飯行ってさ、二人で。なんかねずーっとね、洋服あげるあげるって言ってあげてなかったなーって思って、洋服もあげたんですよ。俺がすごい気に入って、もう何年も前だけど、もう5年6年くらい前に買ったジャケット、黒のね、ジャケットの下にフードがついてる、でその下になんかレイヤードされた、三層くらいになってる、まいわゆるジャケットなんだけど、カジュアルな、のがあるのね。で、けっこういろんないらないものとかをさ、後輩、要らないものって言ったらおかしいか、着なくなったやつを後輩にあげたり弟にあげたりしてく中で、5、6年間ずーっといやでもこれはもったいないと。いずれ着ると。だし、なんかそんときけっこう奮発して買ったやつだったから、と思ってずっと5、6年間とってきてたやつを、流星にあげましたよ。もう託したと。あいつけっこう大きいから背がね、入ったらあげるって。無理やり入れてたと思うよ。たぶん。」
ちかさん「え、それは何小さめかもしれないと思ったの?」
相葉「俺でジャストだから。まあうんだから…ジャストってよりはちょっと余裕あるくらい?流星はちょっと、ピチッとした感じで。」
ちかさん「今まで誰にもあげずに持ってたものを」
相葉「そうだよ、持ってたものを」
ちかさん「流星くんに?」
相葉「託したねぇ。」
ちかさん「流星くんはもう、ありがとうございますって言った感じですか?こんなのもらっていいんすか?!みたいな感じですか?」
相葉「俺にはそう見えたけどな。違うのかな?会ったら聞いといてください(笑)それはワクワク始まる前の話なんだけど、ちょっと前にそれあげてさ、でこないだ、東京と大阪の間かな?大阪でワクワクあって東京までの間に、1回ご飯食べ行って、韓国料理屋。行って食べて、でそんとき俺と流星が一緒にドラマやってた監督で、1本だけ撮ってくれた監督がいて、その監督が結婚するって言うんで、サプライズで来てくれってそのチーフの監督に言われて。あーそっかお世話になったしな行こうって思って、行って、結婚おめでとう!っていうのをやって。そんなことがありましたねー」

流星さんはぜひその私服をドル誌のコーナーで公開してほしい。

2016.7.10 bayfm BAYSTORM(二宮和也)

ワクワクWESTくんと裏話あったら教えてくださいメール

二宮「でもあんまり俺はしゃべってないかなージャニーズWESTくんと。誰か喋ってたのかなー?あんまりしゃべんなかったっすね。そういうことでいったらだって別に去年のワクワクでJUMPとしゃべったかっつったらしゃべってないもんそんなに。だからそんなに…あとね歳が違いすぎるんだろうね。1番上が27とか8とかいってたような気がするけど。あ、おんなじステージにいて?それはもう向こうからね、喋ってくれば喋るけど、こっちからなんか逐一話しかけるみたいなことはあんまりしてなかったかなー。割と普通ですよそれが。けっこう。話したかったら向こうが話しかけるだろうしこっちからねぇあんまり話しかけるってことはそんなにしないんじゃないのかなぁ。すんのかなぁ。難しいねぇ。ご飯会やったけど俺はなんかスタッフのテーブルだったんで、なんか基本的にそうなんですよね。なんか別に、じゃあ飯食わなくていいかなって思ってましたけど。家帰ってゲームやってた方が良かったかなとは思ってましたけどね。でもやりましたよいちおう飯会は。いちおうね、現場にはいたって感じで。」

ちょwwwWESTくん側の話と齟齬があるwwwまぁでも、WESTくんたちが二宮くんと話せた!って満足してるんで、それでいいと思います!(笑)

2016.7.10 ラジオ関西 もぎたて関ジュース(重岡大毅藤井流星)

オープニング一言:藤井「ワクワクしようぜ!」

近況報告

藤井「今日は!近況報告ということで、まずは!僕イントロ前に「ワクワクしようぜ」って言いましたけど」
重岡「言ってましたね!」
藤井「はい。先日開催された。開校されたですね、嵐のワクワク学校2016に、僕たちジャニーズWESTが助手(←甘噛み)として参加させてもらったことについてお話したいとおも…」
重岡「じょす??」
藤井「じょ…sy…」←噛んだ
重岡「だははは!言えてへんがな!!」
藤井「助手ね。助手」
重岡「助手w」
藤井「大先輩嵐の皆さんと一緒にイベントをしてね、どうでしたか?」
重岡「えーーwざっくりしてるなーー」
藤井「wごめんね今台本そのまま読んじゃったね」
重岡「いやーーーなんかねその嵐の人とは、嵐の人とはというか嵐とは、番組とかではお世話になったりしたけど」
藤井「そやねあの、VS嵐とか、いろんなね、番宣とかも出してもらったり」
重岡「そうそうそう、流星とか小瀧とかはね、個人でドラマとか」
藤井「そやね、僕は相葉くん、望は大野君」
重岡「ね、だけどイベントとかさ、ああいう長い時間ほんとに一緒に何かを作っていくっていうのはさ、なかったやん」
藤井「基本的にないね。やっぱあーやって、基本的にずっと楽屋も横なわけで、それって今まで俺らは関ジャニエイトやったから、なんか嵐とっていうのがすごい新鮮やったなー」
重岡「そうだから普段嵐ってどんな感じなんやろうってのがさ、俺らあんまわからんかったやんか?」
藤井「そうやな」
重岡「そこが知れたのがなんか面白かったかなー。なんかこう…嵐ってすごいやんものづくりとかさ、ライブとかも」
藤井「すごい!ほんまに…なんやろ、ほんまに優しいよね、優しいというか、まぁ俺らがさ、出してもらってるわけやん。その嵐のワクワク学校に。でも俺らもちゃんと、なんていうか、その目立つように、というか、顔映るように、というか、ちゃんと、抜いて、とか、抜いてもらったり俺らの顔も抜いてもらったりそういうのもすごい気遣ってくれてるから、ほんまに、おれ相葉くんのことをドラマ中にずっと天使って言うてて。」
重岡「あーそれはもうわかりますよ。天使ですね。」
藤井「もう天使なの、あの人」
重岡「大天使です」
藤井「もう大天使!あの重岡さん自分でニコニコ天使ちゃん言うてますけどぉ」
重岡「言うてましたっけ?」
藤井「言うてますねwけっこう自分で」
重岡「あーーーそうですか!」
藤井「そうです、あのー自他ともにというより自分で言ってます」
重岡「あーなるほどぉ。」
藤井「はい。じゃなくてほんまにもう相葉くんは正真正銘自他ともに認める、あ自他は…自分は認めてないかもしらんけどw天使ちゃんです」
重岡「僕自分は認めてますから」
藤井「あでも、他は認めてないんでw」
重岡「あ認めてない?あーーがんばらないとあかんなー!!」www
藤井「そうっすねー笑 がんばってもらわないと相葉くんに近づいていただいて」
重岡「ほんとにね、でそのものづくりの話なんですけども、その言うたらイベントとか終わって、毎回まぁ、ダメ出しというか、もっかいその、次どうしようかっていう」
藤井「やるね、毎回。終わったら」
重岡「あるやん、ミーティングみたいのがさ。そんときの嵐の感じとかもなんか、見てておもろいよね。」
藤井「そうやなー、やっぱそういうさー、ああいうライブ、ライブじゃないけどライブ会場でやるようなことでやっぱ先輩グループと一緒にやったりせぇへんからミーティング現場とか見たことないからさ、初めてミーティングしたとこみたやん?先輩が」
重岡「うん、うん。そんでそこに俺らも一緒に参加させてもらって、発言てのはあんまりさ、俺らもあんまできてないけど、でもー嵐はやりながらもすごいいろんなとこに気付いてて、ここはこうしたほうがいいっていうのさ、みんなすごい出し合ってさ。すごい真剣なんよ。やけど、その中にちゃんと笑顔があるんよね。」
藤井「そやなー、その、楽しんでるだけじゃなくてちゃんとそういう、ここはこうしたほうがいいなとか考えながらやってるというか」
重岡「あれなかなかむずいよね、やっぱ真剣になって、みんなで意見を出し合うと、やっぱぶつかったりとかして、」
藤井「ぶつかったり、真剣に考えすぎて楽しめなくなったりみたいな」
重岡「そう、やけど、やっぱこう、そのね、嵐のものづくりの姿勢っていうのが、間近で見れて、勉強になったなと思う」
藤井「そやなー、発言こそ俺らはしてないけど、見てるだけで勉強になったというか」
重岡「そやね」
藤井「表舞台の嵐も勉強になるし裏の嵐もすごい勉強になるし、なおかつみんな人がいいし」
重岡「そうね、優しいなぁ」
藤井「なんか、ほんまに初絡みじゃないみたいに、俺らグループとグループが。ま初絡みではないけどさ、でもそんな正直全員としゃべったことないやん。けど向こうがやっぱ先輩がウェルカムって感じ出してくれてるからさ、俺らも行きやすいし」
重岡「なんかあったかいよね。人間的にすごいこう深いのを持ってる人なんやなーってのは、接して思ったなぁー」
藤井「いやもうーーー、すごいよ!嵐は。嵐はすごい!」
重岡「さすが。」
藤井「さすがとしか言いようがないよね。」

嵐とのお食事会のエピとか裏話をするのかと思ったら、嵐のモノづくりの姿勢にただただ感心する二人だった。途中ふざけたけどwすごく貴重な話を聞けたな。公演おわるごとのミーティングはすごくまじめなのに笑顔がある、って話は、嵐はケンカしたことがない、ケンカしたら終わる、というようなことを二宮さんも言っていたけど、それこそ櫻井さんが言ってた「遠慮と我慢のレベルの設定*1」が絶妙にできているからこそバランスが取れてぶつかり合うことがないんでしょうね。嵐は優しい、気遣いがすごいっていうのは、嵐の人間ができている、ということもあるけど、嵐が成長したのもデカイと思うんだよね。だから今嵐と仕事できてよかったね、WESTくん、って思うよ。嵐のいいところいっぱい吸収して、もっともっといいグループに成長していこうね、WESTも。

2016.7.14 文化放送 関ジャニ∞村上信五 ジャニーズWEST中間淳太レコメン!(村上信五中間淳太)

淳太くんと翔さんの話

中間淳太のオレクイズ
淳太「俺、中間淳太が一番最後に連絡を取った先輩は誰でしょうか?」
村上「一番最後…最近?」
淳太「最近ってことです。昨日かな?昨日おとといの話です」
村上「昨日おととい、連絡とった。」
淳太「連絡とった先輩」
村上「それやったら俺じゃないよな。」
淳太「そうですね。」
村上「えーそれしてたらわかるからな。…何個、違う?」
淳太「えっ何個なんやろ?5つくらいは違うのかなたぶん」
村上「5つか…」
淳太「最近連絡先を知った先輩です」
村上「最近知った?てことは東京やな」
淳太「はい。」
村上「こっち出てきてやな。」
淳太「そうですね」
村上「最近ちゅうことは。えー最近、それ先輩、あーーえーー…嵐か!」
淳太「お!」
村上「ほんなら!」
淳太「お!」
村上「嵐で誰や、えー淳太が交換するちゅうたらぁ。傾向的に言うたら誰やぁ、みんなあれかぁ、優しいからやるかぁ」
淳太「ふふふふ。おっさんみたいになってきますねどんどん」
村上「32やろ?32って」
淳太「わかんないです、年齢、正確な年齢ってわかんないですねそう言えば。でもその辺だと思うんですけどね」
村上「そら…もう5択やからな。」
淳太「そうですね。1/5ですね」
村上「だから嵐の誰かや。」
淳太「そうです」
(中略)
淳太「1/5です」
村上「じゃ「あ」からいく…相葉!」
淳太「ブブー!」
村上「えー…ニノ!」
淳太「ブブー!」
村上「えー…潤!」
淳太「ブブー!ふふすごいな、3/5間違えてますわ今んとこ!」
村上「えー…翔くん!」
淳太「正解!」
村上「あー」
淳太「翔くんです、はい」
村上「大ちゃんはないなって思ってん」
淳太「そうですね大野君は、まぁお話はするんですけどね」
村上「後輩とそんな連絡ってのはあんまりイメージないねんけどな」
淳太「そうですね。櫻井くんはワクワク学校でお世話になったときに連絡先を交換して、でご飯を食べに行く約束をしてたんですよ」
村上「おお!行ったん?」
淳太「まだ行けてないです。その約束を昨日、一昨日かな?にして」
村上「したん?」
淳太「いやそれ感動したのが、選挙特番があったじゃないですか。ZEROのね。」
村上「はい」
淳太「それで忙しくなるからその後に行こうって話をしてたんですよ」
村上「はいはい」
淳太「そんで、終わってから僕から誘…もちろん後輩から誘うじゃないですか」
村上「そらそうや」
淳太「そしたら、翔くんの方から『中間空いてる日ある?』ってメールくれたんですよ。それがすごいビックリした」
村上「そういうとこや!後輩までも虜にしてきよるな!」
淳太「あの忙しい嵐さんが!」
村上「かー!そして後輩がもう嵐を誉れていくわけやからな!」
淳太「ははは!いや~すごい感動しましたね。今度ちょっと行ってきます」
村上「行ってき行ってき!それはもう全部!全部勉強なるて。」
淳太「いやほんまそうですよ」
村上「うん。何から何まで」
淳太「キャスターですからね、櫻井くんは」
村上「そうやで~」
淳太「僕もやりたいジャンルなので。ちょっといろいろ話聞いてこようかなと」
村上「いや聞き聞き!そんなんもう気になること全部聞いたらええわ」
淳太「うん!聞いてきます」
村上「楽しみやろ~?」
淳太「楽しみですね!二人きりでお話することはあんまないんでね、機会は」
村上「さすがやな~」
淳太「でも関ジャニ∞さんも優しいですよそら」
村上「…ホンマ?」
淳太「ホンマに。ホンマに言うてますよ僕」
村上「いやいや別に嘘とは言うてないよ。全然ええねんけど」
淳太「なんかねやっぱちゃうんですよね、雰囲気が。」
村上「当たり前やないかそんなもん」
淳太「なんか…関ジャニ∞さんは言うたら近所のお兄さんみたいな。優しいお兄ちゃんって感じで」
村上「お、例えてくれたん?」
淳太「例えるならね?」
村上「ありがと例えてくれて!」
淳太「で嵐さんは、たまに会う親戚のすっごいいい人みたいな」
村上「…たまに会う親戚のいい人の方がなんか裏がありそうで怖いやろ!」
淳太「いやなんか…いるじゃないですか?親戚で何もかもうまくいってる人たちって」
村上「…そらお前んとこの血が良すぎんねんて!」
淳太「いやそw…そうなんかな?」
村上「ふつうおれへんよ~何もかもうまくいってる親戚なんか!」
淳太「そんなイメージがあるんですよね」
村上「大体何もかもうまくいってないやつがおんねん親戚には!」
淳太「いやいやそんなことないw」
村上「ボロボロやなあの人!言う」
淳太「なんかまったく別のジャンルですけど、優しい先輩がいて僕はすごく嬉しいです」
村上「ええやんそらー。報道のこともなー」
淳太「そうですね!」
村上「いっぱい聞いてきたらええわそらぁ!」
淳太「聞いてきます!」

翔くんから!!!!!!淳太くんに!!!!!!!赤飯じゃぁぁあああ!!!!!

2016.7.17 bayfm bayじゃないか(重岡大毅藤井流星)

流星が相葉さんに服もらった話、ワクワク学校を経て

メール:潤くんのジャニweb連載で「ジャニーズWESTはいいグループ。また仕事がしたい」と書いてくださった
流星「えー!まじか!そんなん言ってくれてたんや」
重岡「めっちゃ嬉しない?」
流星「めっちゃ嬉しい」
重岡「WESTはいいグループ。また仕事がしたいて」
流星「だって。嵐さんみたいな。あのいいグループの。いい人が、俺らのことをいいグループって言うてくれてんねんで?それ以上に名誉あるいいグループって言葉がないよな」
重岡「流星とかはさー1回ドラマとかで共演してる相葉くんとさ、かなり仲良くしてた印象やけど」
流星「相葉くんはねーほんまに天使!天使ちゃん!」
重岡「天使ちゃん!天使ちゃん!笑」
流星「あのホンマに重岡さんニコニコ天使ちゃん自分で言うてますけど、本物の天使です」
重岡「羽が見えました僕も」
流星「羽見えるよ」
重岡「なんか流星さ、ほらみんなもびっくりしてたやん!あれもらった言うてさ」
流星「そうなんすよ」
重岡「ちょっとまた教えてあげて」
流星「4月かな?ワクワク学校のグッズの撮影があったんですけども、それが俺ドラマ以来、まそういう大きな歌番組とかでは会う機会あったんですけど、それ以外で会うのがすごい久しぶりで相葉くん、WESTの楽屋に僕がいまして、嵐のマネージャーさんがね、僕らの楽屋来て、藤井さん藤井さん、相葉さんが呼んでます、…えちょっ怖い怖い怖い、えこわ、え?え?みたいな」
重岡「ふふふ、悪いことしたか?」
流星「呼び出し呼び出し?みたいな」
重岡「かな?と」
流星「そうそうそう。でドキドキして嵐の楽屋行ったら、「あ流星!」ってでっかい紙袋持ってきて」
重岡「へー!」
流星「これ!つって。え、なんすか?!ってなるやん。なんすかなんすか?って。『あれ、ドラマの時言ってたじゃん服くれって。持ってきたよ』」
重岡「ドラマん時ってちょっと前ですよ?結構」
流星「1年前くらいの、俺が、相葉くんお洒落やから服くださいよと。サイズ合うかわかんないすけど、もしちっちゃかったら無理やり着ます!って言って。言ってたのを1年ごしに覚えててくれて1年越しにしかも持ってきてくれてるっていう」
重岡「いや結構社交辞令とかでさ、あげるよ、とかご飯食べに行こうとか言うのはあるけど、1年越しでもちゃんと覚えててくれて」
流星「しかも5、6年前に奮発した、相葉くんが結構奮発して買った」
重岡「相葉くんが奮発して買った?5億くらいですか」
流星「そんな高くないですたぶんw5億はしないですwでも5年前くらいに奮発して買って、ずーっと着てて大事すぎて誰にもあげてなかったジャケットを僕にくれたんですよ」
重岡「すごいなぁ」
流星「す、すごい」
重岡「ちょっと1年間あげれなかったって思いもあったんかな?」
流星「あったやろうし、でしかもその後ワクワクの間にもご飯連れてってもらいましたから。二人で。デートしました」
重岡「わーおいいいなぁーご飯もちゃんと行って。」
流星「はい。韓国料理屋行きました」
重岡「コートもらって。嬉しそれもう嵐…相葉くんのファン、もう嵐のファン、聞いたらビックリすると思うよ」
流星「ちょっと恨まれるんじゃないかな。先謝っとく嵐のファンの皆さんごめんなさい」
重岡「俺も若干恨んでるからな」
流星「いや何でやねんw何で恨んでんねん」
重岡「コートもらったら俺すっごい勢いで匂うやろな。これが相葉くんちのクローゼットの香りか!…はははははは!」
流星「でも俺も次の日あったかかってんけど、それ結構分厚いコートやねんけど、着て外出てん。汗だくw」
重岡「気持ちはわかりますけどもね!嬉しかったですね。さーそしてですね、嵐と共演したことから見えたジャニーズWESTはどんなグループになっていきたいと」
流星「いややっぱ、まぁ元々俺らエイト兄さんいるやん。男は口で語らず背中で語るもんや、もんをみてきたのと、反面なんか嵐は、なんかもう男らしいというか優しさがにじみ出てるグループやったやん」
重岡「わかる」
流星「対といったら対なグループで、どちらもイイ感じやん」
重岡「わかる」
流星「でどちらも俺らは尊敬してるわけやんか。だからその中間あたりいけたらいいよね。両方併せ持った」
重岡「なんかねー俺の、これ間違ってたら悪いですけど、まエイトは近所とかにおる優しいお兄ちゃんって感じの接し方?」
流星「まぁまぁそうイメージはね」
重岡「イメージ。おい!みたいな感じの」
流星「オイお前ら!みたいな」
重岡「そうそう、で嵐は、たまーに会う、親戚の優しいお兄ちゃんみたいな」
流星「あはは、まわかりやすいわかりやすい」
重岡「めっちゃ優しいやん、そういう人ってさ」
流星「絡み方の愛の表現の仕方っていうか、やっぱ、俺とシゲやったらエイトやったら亮くん絡んでるやん」
重岡「そうやねそうやね」
流星「ま、あの人は結構、地元の近所の兄ちゃんみたいな」
重岡「オイ流星!おい!シゲ!とかね」
流星「感じやん。嵐は、『おー久しぶりやな!』」
重岡「あーそうやね。わかるわかる。そんな感じ」
流星「わかる。だからそれの…どうなっていきたい?俺わからへんw」
重岡「シゲ!じゃないねん、シゲは、っていうなんかw」
流星「そう」
重岡「あのソフトな」
流星「そう、なんか包まれてる感じというか」
重岡「そうそうそんな感じでな。その中間ていうね。クラスメイトみたいなwクラスメイトのいいやつみたいな」
流星「俺らは、クラスメイトのいいやつになれたらいいなと」
重岡「頑張っていきましょう、ほんとにね」

重岡さんの嵐とエイトの例えが、淳太くんとシンクロしててこわい…てのは置いておいて、やっぱり、嵐とWEST、両方がいてよかったなって。嵐と関われるきっかけをワクワクで得られてよかったなって。しかし、相葉さんは、「いつか着る…」と思ってた服だけど、流星くんは、相葉さんがずーっと着てたと思ってるところが、かわいい。

 

2016.7.20 RKB 今日感テレビ(ジャニーズWEST)

 

「人生は素晴らしい」プロモーションでVTR出演。流星と相葉くん話

 

流星「僕相葉くんに公演の途中にご飯連れてってもらいました」

淳太「ああそうなんや!洋服ももらったんでしょ?」

流星「洋服もね、いただいたんですよ!俺がドラマ一緒にやらせてもらってるときに、くださいよ!つってたら、1年後に楽屋に呼ばれてマネージャーさんに、行ったら、紙袋持っててでっかい。(‘◇‘)「流星これ」って、(‘◇‘)「持ってきたよ」って」

桐山「それを着たん?」

流星「着た!」

桐山「相葉くん感じた?」

流星「感じた!」

全員「ハハハハハハ!」

 

2015.7.22 パズドラ新CM記事(相葉雅紀小瀧望)

 

パズドラ新CMに共演が決まった相葉さんと小瀧さんの記事、ORICON STYLEさんから引用させていただきます。

http://www.oricon.co.jp/news/2075473/full/?ref_cd=tw

 

 『パズドラクロス』のプレイを終え相葉は「お互いの距離感がグッと縮まったというか。対戦モードも面白かったよね」と明かすと小瀧も「はい。協力プレイは一緒に敵を倒していくので、絆が深まりますし、対戦モードは自然と力が入りました」とアピール。

 また、小瀧との共演に相葉は「この前、『ワクワク学校』っていうイベントを嵐とジャニーズWESTでやってから、よく話すようになったんですけど、なんか、あんまり年の差を感じないというか。一緒にゲームをやると、CMでも言った『先輩後輩なしね』って言葉が自然に出てくる感じで、ホント楽しかったです」とコメント。

 小瀧は「CMの中で、あれだけ生意気な口をきいちゃいましたけど、先輩として本当に尊敬しています。『ワクワク学校』でご一緒した時、間近でお仕事をする姿を見て感動しましたし、今回も共演できてホントにうれしいです……って、なんで、相葉くん、そんな疑う目で、僕を見るんですか?」と、相葉を見ると「なんかちょっとビジネスコメントだなと思って。ホントにそう思っている?」など、楽しげなやりとりを見せていた。

 また最後に小瀧が「良かったら、プライベートでも相葉くんとパズドラ友達になりたいです」とお願いすると相葉も「あ、いいねぇ。ウチ来て、一緒にやる?」と快諾。これに小瀧も「いいっすね! やった!!」と大喜びだった。

 

ファミ通.comさんは撮影エピソードも書いてくれました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160722-00000002-famitsu-game

 

相葉雅紀さん、小瀧望さんインタビュー
──『パズドラクロス』を一緒にプレイした感想は?
【相葉さん】:すごく楽しかったです。
【小瀧さん】:CM撮影ってことを忘れるぐらい、カットが掛かってもずっと遊んでいました。
【相葉さん】:お互いの距離がグッと縮まったっていうか。対戦モードも面白かったよね。
【小瀧さん】:はい。協力プレイは一緒に敵を倒していくので、絆が深まりますし、対戦モードは自然と力が入りました。

──今回のCMの見どころを教えて下さい。

【相葉さん】:ガチで楽しんでいるところですかね。気持ちも熱くなるし、撮影もバスの中で超暑かったんですけど、いろんな意味で"アツイ"CMが撮れたんじゃないかなと思います。
【小瀧さん】:燃えましたもんね。
【相葉さん】:本番中、俺より13コも下なのに、タメ口だったもんね。
【小瀧さん】:いや、あれは最初に相葉くんが先輩後輩関係なく勝負しようと仰っていたので、あ、敬語じゃなくてもいいんだと思って。
【相葉さん】:それはゲームの世界の話で、それはまた別の問題。
【小瀧さん】:頑張れ、俺、って自分を励ましながら、一生懸命タメ口をきいてたんですけど、ホントは使いたくなかったんですよ。

【相葉さん】:うそだね(笑)。なんかいつもより生き生きしてた感じ。

──事務所の後輩の小瀧さんとの共演はいかがでしたか?
【相葉さん】:この前、「ワクワク学校」っていうイベントを、嵐とジャニーズWESTでやってから、よく話すようになったんですけど、なんか、あんまり年の差を感じないというか。一緒にゲームをやると、CMでも言った「先輩後輩なしね」って言葉が自然に出てくる感じで、ホントに楽しかったです。

──先輩の相葉さんとの共演はいかがでしたか?
【小瀧さん】:CMの中で、あれだけ生意気な口きいちゃいましたけど、先輩として本当に尊敬しています。「ワクワク学校」でご一緒した時、間近でお仕事する姿を見て感動しましたし、今回も共演できてホントに嬉しいです……って、なんで相葉くん、そんな疑うような目で、僕を見るんですか?
【相葉さん】:なんかちょっとビジネスコメントだなと思って。ホントにそう思ってる?
【小瀧さん】:本当にそう思っています。
【相葉さん】:そっか。でも、もうちょい遊びたかったね。
【小瀧さん】:良かったら、プライベートでも相葉くんとパズドラ友達になりたいです。
【相葉さん】:あ、いいねぇ。ウチ来て、一緒にやる?
【小瀧さん】:いいっすね!やった!!

 

*1:2012年「ひみつの嵐ちゃん」ブラックボード番宣回にて、訪れた中学校の生徒に嵐の中の良さの秘訣を聞かれ櫻井さんが発言