読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hedonism

※個人の主観です

ジャニーズWEST ラッキィィィィィィィ7ツアー 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター 3/20 2部のメモと、思ったこと。

前回同様、メモも取ってない正確性に欠けるメモです。

2部。衝撃は、序盤にやってきました。
最初のあいさつで、ヘイジャスミン!といつものように呼びかける淳太。
淳「奥の方のジャスミーン!」
客「イエーーイ!」
淳「端っこのジャスミーン!」
客「イエーーイ!」
淳「真ん中の方のジャスミーン!」
客「イエーーイ!」
淳「黄色ジャスミーン!」
黄ジャスミン(我)「?!イエ―――イ!!!!!」
淳「黄色ジャスミンが一番かわいいよ!」
黄ジャスミン(我)「ギャァァァァアアアアア」

黄色ジャスミンを贔屓しました、この人。

いやぁちょっとこれは。攻撃力すさまじすぎて。だってさ、他のメンバーの担当もたくさんいるんだよ??みんな、ジャニーズWESTのコンサートを観に来てくれてるんだよ??!!普通はさ、会場のみんなに呼びかけるもんじゃん?!?!それをさ、黄色ジャスミン「だけ」贔屓して、「一番かわいい」って…。びっくりした。グループのコンサートで堂々と自分の担当贔屓する人なんているんだ…。これはすごいですよ。だって、感じちゃったもん、優越感。今私、淳太くんに愛されてるって言う自負を、その瞬間、感じてしまったもの。頭がお花畑になったもんね。この技は凄いです中間さん。こんなんされたら淳太担やめられないよね。淳太くんは、自分のファンを囲いたいんだね…。黄色ジャスミンは俺だけのものなんだ。そりゃー浮気したら素焼きにするとか言うよね。その分ご褒美をGiveや!してくれるけど。はぁ~~~…淳太くん好きだ…(爆)

・パリピポアンセムでセンステにいるこたじゅん。淳太くんがセンステの縁の方に来てタオル振り回しながら煽ってると、後ろから近づくビッグベイビー…。淳太くんの後ろに回ったのんちゃん、淳太くんの背中を押して突き落とすふりを!!驚いた淳太くんは「こら!」って感じでのんちゃんをタオルではたく。するとのんちゃん今度は、タオル振り回して盛り上げるそぶりを見せながらそのタオルを淳太くんにわざと当てる!!「もー(怒)」って感じでまたまたのんちゃんをタオルではたく淳太くん。いたずらっ子な末っ子にいじられる最年長の図がかわいかったです。

・MC。1か月間何してた?って質問でゲームばっかりしてたという神ちゃんの話からゲームボーイアドバンスの話題に流れたんだけど、ゲームボーイアドバンスを知らないというのんちゃん。じゃあいつから知ってるの?と聞かれ「ゲームボーイカラー」と答えるのんちゃんに、「ゲェムボォイカラァア?!?!」っとジェネレーションギャップに発狂する淳太くん。そこからゲームボーイの歴史を熱く語りだす淳太…「ゲームボーイこんなでっかかったんやで!!俺らの時代はゲームボーイライトが革新的やった!!光るんやで!!ゲームボーイカラーなんてもう…!!ゲームボーイの形したシャンプーも知らんの?!ボタン押すと水の中に輪っかが…」と堰を切ったようにダーッとしゃべる。「淳太くんは勉強もしてたのにゲームもやってたんやね!」とメンバーに言われ「ゲームやってた!やることやってただけやで?」とさらりとのたまうお淳太様…さすがです…。それから、照史「ファミコンはフーッってやるとバグが直る」重「上級者はシャッ!ってなめてな!」淳「おかんが掃除中にファミコンのコード引っ掛けて抜いて、「おかん~~~~~~!!!!!!!」ってな!」とひとしきりファミコンあるあるで盛り上がるWESTくんたちなのでした。

・淳太くんは1か月何してた?と聞かれ、俺は…と言いかけたところにのんちゃんに「ごくせん撮ってた!」と言われる淳太。淳「なんでやねん!留年しすぎや!」いっちーが前髪上げてたのは、監督さんに「お前はどうやっても不良っぽくならん」と言われていろいろ変えてたからとのこと。そのあとしげに「前髪上げてみて!」と言われて、なんで…と言いつつもきれいなおでこを見せてくれました。

・こないだのbayじゃないかで、流星の喉がカラカラカラ~!ってなった話をヒィヒィ言いながら話す照史。照「あの時の望のツッコミが最高やってん!喉にハムスター飼ってる言うて!」流「今までのラジオで一番笑ったわ!」照「ヘッドフォンで聴いてたスタッフさんもそのときはヘッドフォンバーン!外してケラケラケラ~!って笑いよったで!」

・ラジオの話題も出たところで、淳太「俺と照史が、レコメンをやらせていただくことになりまして。歴史のある番組なので、横山くん、丸山くんとつないできて、僕らで潰さないように頑張りたいと思います。関ジャニ∞さんとサシでやらせてもらうのは初めてなんですけど、ふたり入って良かったなと思ってもらえるようにしたいと思います」と、本人の口からレコメンの報告を。真剣な顔で話してたので、いろいろ重圧も感じていると思うけど、こうして本人が報告してくれて意気込みを語ってくれて、私はとてもうれしかったです。頑張ってほしいな、と心から思います。

・淳太「お知らせが増えていくの嬉しいね。まだまだ発表できないけどいろいろお知らせ増えてくからね」って匂わせてました。なんだろドキドキ…。

・Wアンコで、周りに落ちてる銀テをたくさん拾って手に持った淳太くんが、ファンに渡すのかな?と思ったら、ヒーハー!のところでバーン!って投げ捨ててとびっきりの笑顔で走り去っていくのを見て、「ああ、噂に聞いたあのファンサが観れたよ…」と喜んでいたら、他担のお友達に、「それ、ファンサなの?!」と言われたんだけど、え、すごーくやってほしいファンサで有名なんじゃないの…?!?!私間違ってる…?????おかしいなぁ私はすごくやってほしい…←





順番が、前後しますが。

モンキィミッションのゲーム、失敗してしまったんです。失敗したので、ファンミーティングがガチでできなくなってしまって。ファンはもちろん、「えーー?!」って感じで、ブーイングで。淳太「ファンミーティングやると思ったでしょ?!できません!」って。かみこたで罰ゲームをしたんだけど、そのあとも、なんか、空気がおかしくて。淳太くんが、「ファンミーティングの代案として、関西ジュニア時代の曲をCDに入れるとかしないと…!」って、たぶん咄嗟に言って。会場は沸いたけど、えぇそれはなんか違くない?!とか思ったりして。1列に並んで、しげが、「俺たち、ファンミーティングやりたいって言って、スタッフさんに掛け合ったんですけど…」って言ってて。ごめんなさいって、全員で頭下げて。私、正直、前半戦の戦績の時点で、そこまで期待はしてなかったのに、その姿見たら、ちょっと寂しくなってきてしまって…。
で、申し訳ないから、失敗しちゃったけど、サインボールも投げましょうって淳太くんが機転利かせて。それからメドレーコーナーに入ったんだけど、やっぱりちょっと空気がおかしくて…。照史が、とにかく盛り上げようとしてるのは伝わってきて。こういうときに気を回すことができるのはBADのお兄ちゃん二人なんだな…と、ぼんやり思った。

正直に言うと、まず25公演中20公演成功という条件が厳しいし、ファンミさせる気あるんだろうかってくらいローリングバーの難易度高かったし、もう大阪横浜あたりの戦績の時点で、これは難しいから、途中で条件緩和してくるんじゃないかって思ってた。獲得ポイント数増やすとか、ゲーム自体を易しいものにするとか。バラエティ番組のノリで。でも結局、彼らはそれをしなかった。最後までルールを変えずに、真正面からガチンコでぶつかって取り組んで、散った。彼らは、ズルさを持たない。本当に、ファンミーティングをやるつもりなら、いくらだってズルくなれるのに、それをしない。妥協はしない。彼らは、今までもそうやって、馬鹿正直に、何事にも真正面からぶつかっていったのだろうか。7人でデビューまでの経緯。デビュー後も、直談判直談判で、いろいろなことを変えてきたという話を聞く限り、きっと彼らはそうやってきたんだろう。芸能界を渡っていくためには、したたかさ、ズルさも必要かもしれない。それが足りないものなのかもしれない。東ジュ出身だったら、また違ったかもしれない。だけど、そんな純粋でまっすぐで、馬鹿真面目な彼らは、キラキラ輝いて見えた。泥臭いかもしれないけど、かっこいいなって思った。

ただ楽しい、だけでは終わらなかったかもしれないけど、現場は、本当に、あらゆる感情が渦巻くし、気持ちと気持ちがぶつかり合う場所なんだな、ということを改めて実感することができました。その場にしか生まれない空気があって、想いがある。だからこそ、やっぱり現場が好き。

年明け早々の大阪、1日3公演駆け抜けた横浜、雪で大変だった福岡、そしてモンキィミッションに失敗した新潟。私のラキセツアーはとてもとてもドラマチック。残り私は宮城だけですが、次はどんな時間を彼らと一緒に過ごせるのか、とても楽しみです。