Hedonism

※個人の主観です

教育して叱ってくれ (なにわぶ誌を読んで)

2016年1月20日更新のなにわぶ誌で、淳太くんと神山くんが、コンサートの銀テープ争奪戦について書いていました。

それを読んでの私の感想は
 
「あ〜!淳太くんやっぱり大好きだなぁ〜!!かっこいい〜〜!!泣泣 ぎゃ!てかてか大好きな神ちゃんまで!!わぁ〜私の好きになるアイドルがほんとうにことごとく私の理想のアイドルすぎてもぉ〜なんなのぉ〜困っちゃうわぁ〜〜泣泣」
 
でした(失笑)。
 
そもそもこの内容について私は、苦言を呈したとは捉えず、あくまでも前向きな注意だなぁ、言葉が優しいなぁ、と思いましたが。
 
いやぁーー自分、あのヲタクに超絶厳しいで有名な櫻井翔御大に飼い馴らされて育ってきたんで、むしろもう、YOU言っちゃいなよ!!思ったことがあったらどんどん言っちゃいなよ!!って感じなんですけど。御大はもはや態度で示されるからな。*1
行きすぎてファンの前でコンサート中にガツンと言ってしまうこともあるしな(福岡少年少女たち事件)
 
たぶん、こうしてタレント本人から直接発信されることについては賛否両論あるのだと思います。楽しい気持ちでコンサートから帰ってきた人が後日このWEBを呼んで苦い気持ちになってしまうかもしれないし、そもそもこういう文章自体に傷ついてしまう人がいるかもしれないし。
 
本来であればファン自身が気づいて行動できるのが一番いいんだろうけど、人間とは欲深いもの。どこかで行き過ぎて、感覚が麻痺してしまうこともあると思うのです。
ファン同士で声掛けできるのが理想なのかもしれませんが、ファンは「同じ立場同士」であるがゆえ、争いごとに繋がってしまう場合もあります。
だから、気づいたことがあれば、タレント側から発信することも、私はアリなんじゃないかなと思います。ちょっとでも、ハッとするきっかけになればと思うし。
何も銀テ問題だけじゃないよね。ロケ遭遇ツイートとかプラべ写真晒しとか、そういうのぜ~~んぶに繋がっていくんじゃないかな。
 
ファンを教育して「ジャニーズWESTのファンはどこへ出しても恥ずかしくないね!」と言われたらとてもええじゃないか~~~!!!!!
 
今回の記事で私も考え直すきっかけになったし、気をつけようと思えました。淳太くん神ちゃん、コンサート当日に注意していたWESTメンバー、そしてレポしてくれた方々…皆さんありがとうございました。
 
あ~~~~~にしてもほんと好き。かっこいい。超理想だわ。どうしてこうも好きな要素をグリグリついてくるかねぇ。(結局そこ)

*1:忘れもしない、神様のカルテ2 TOHOシネマズ日本橋こけら落としの試写会に運良く参加した時、通路横のお席になって、真横を櫻井さんがお通りになるという奇跡が起こったのですが、彼は終始集ったヲタクに一瞥もくれずにお進みになられ、ちょっと手を出したらすぐに触れられる位置にいるのに、手を出すどころか、声を上げることも、いや息をすることすらできないくらいの鉄壁の「触れるな」オーラを出していらっしゃった。防弾ガラスでできた分厚い透明な壁に阻まれて、同じ空間にいるのにどこか現実味のない感じでした。皆同じような空気を感じ取っていたのか、会場にいたヲタク誰一人として粗相をせず、とても行儀良く舞台挨拶を鑑賞していました。飼い馴らされている、櫻井ヲタク。