読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hedonism

※個人の主観です

ジャニーズ楽曲大賞投票したよ2015

楽曲大賞
楽曲大賞投票しました〜。今年の私の投票結果はこちら。

楽曲部門

1位:「TAMER」 ジャニーズWEST(中間淳太)
ジャニーズWEST 2ndアルバム「ラッキィィィィィィィ7」通常盤に収録。本当は、iTunesの再生回数も、2015年一番好きなジャニ曲も、2位の「PARTY MANIACS」なんですけど、今回私は自担のソロ曲だからという理由で「TAMER」をどうしても1位にしたかったので選びました。雑誌等でリリース前に、「調教師の曲を書いてる。6人の猛獣たちを操って会場にきたお客さんを狩る」という話をしていたときは、ジャニーズWEST内での淳太くんの、6人の繰り出すボケにツッコミ役として全部処理しーのみんなにいじられ振り回されーの、という立ち位置から、猛獣たちにてんやわんやの調教師さんのおもしろ曲なのかな?なんて思っていたのですが、ところがどっこい蓋を開けてみれば、超クールでかっこいい私好みの曲じゃないですか!ちょっとKポぽさあるのかな。ギターのメロディーラインとか間奏のサックスの音とかめちゃくちゃかっこいい。歌詞は全部英語で書いて、いい感じに日本語を当てはめていくとか、ラップ部分のメンバー=猛獣の表現とか(私のいちばんのお気に入りは濱ちゃんの「空飛び回るPurple eagle」)、6人を召喚して6人が歌うサビは淳太くんがソロで歌っているサビと対になっている(Hey bro!とお互いに呼びかけ、淳太→「出来た子には褒美をGive ya‼︎、6人→「食べきれない褒美をGive me‼︎」ってなってる)のとか、もう全部かっこいい。中間淳太渾身のソロ曲。これは2016年のことになってしまうけどコンサートの演出も最高すぎるので胸張って文句なしの1位に選ばせていただきました。

 2位:「PARTY MANIACS」 ジャニーズWEST
ジャニーズWEST ミニアルバム「パリピポ」通常盤に収録。上でも書きましたが個人的2015年iTunes再生回数1位かつ、ほんとは一番好きな曲。それまでジャニーズWESTには「関西のオモロイにーちゃんたち」というイメージの楽曲が多く、また「Can't Stop」「Criminal」といったかっこいいダンスナンバーも存在していましたが、それらはアイドル性の中のかっこよさ、であったのに対し、この「PARTY MANIACS」は、EDM調のクラブミュージックで、アイドルというよりはアーティスト色が強い感じがしました。ある意味聴く人を選ぶこの尖った選曲が、通常盤の最後に用意されていて、私は初聴きのときに度肝を抜かれ、「ジャニーズWEST始まってる…」と思いました。ジャニーズWESTにここまでハマるきっかけとなった1曲だったといっても過言ではありません。コンサートでも核となる魅せ方をしたこの曲への彼らの自信も相当なのか、カウコンという、決して自分たちのファンばかりではない、むしろあまりジャニーズWESTのファンはいなかったであろうアウェーの東京ドームでこの曲をぶちかましてきたのを観たときに、彼らの、「ただの関西の愉快なにーちゃんたちじゃないぜ、魅せたるで!」という攻めの気概をビンビンに感じ取り、めちゃくちゃ痺れましたね。

3位:「パリピポアンセム」 ジャニーズWEST
ジャニーズWEST ミニアルバム「パリピポ」初回、通常ともに収録。まさに「パリピポ」の名にふさわしい最高にアゲアゲなパーティーチューン。コンサートではタオル振り回して思いっきり暴れられます。私はこういう、とにかく聴いてて元気になれる曲が大好きで、一時期通勤中の電車の中、会社に近づいてきたあたりで気合入れるために毎日のように聴いてました。この曲の良いところはジャニーズWESTの元気アゲアゲ曲だけど関西色が強くないところ。この曲でジャニーズWESTHEY!HEY!HEY!に出させてもらえたことは良い思い出です。これからコンサートの定番として歌い続けていってほしい1曲。

パリピポ 【通常盤】

パリピポ 【通常盤】



4位:「Sakura」 嵐

嵐2015年1発目のシングルおよび、アルバム「Japonism」収録曲。嵐のメンバーが誰も出演しないドラマの主題歌として起用され、嵐のアーティスト活動としても話題になりました。緊張感と疾走感のあるギターとストリングスの旋律と嵐の歌声が切なさを煽ります。この曲の激しく細かく美しいダンスは見もの。特に「So let me high 花びらが舞って麗しく」のところの櫻葉はほんとに桜の花びらみたい〜…とうっとりしましたね。Blastのアクセントダンスからのクライマックス、Japonismツアーのオープニングでも使われたキーとなる曲。

Sakura 【通常盤】

Sakura 【通常盤】

Japonism【通常盤】(2CD)

Japonism【通常盤】(2CD)



5位:「トラフィックジャム」 Sexy Zone(Sexy Boyz、Sexy 松)
Sexy Zoneアルバム「Sexy Power 3」に収録。とにかく2015年のSexy Zoneに関してはいろいろありましたしこのアルバムについては本当に思うところはたくさんありますけど、大好きな松島くん&マリウスくんのユニット曲、イントロのギターのカッティングが流れた瞬間に「好きだ!」と確信したのは確かです。オシャレですよね、この曲。ツアーでの、岩橋くん神宮寺くん松倉くん松田くんと歌ったこの曲の、車のライトに見立てた演出もとても良かった。そしてこの曲を聴くと、聡マリちゃんが夏に47公演毎日頑張った、私も六本木に通った「ガムシャラ!サマーステーション」を思い出して、胸がギュッとなります。

Sexy Power3 (通常盤)(CD ONLY)

Sexy Power3 (通常盤)(CD ONLY)




「カラフル Eyes」 Sexy Zone 
MVの出来がどうこう、というよりは、1年半ぶりに5人で出した新曲の、5人だけのMVというところを評価したくて選びました。またこのCDには各盤にMVのメイキングだったりイベントの模様だったり5人の温泉旅行の映像の映像だったりが入っていて、Sexy Zoneのファン以外にもオススメしたい良作です。

カラフル Eyes(初回限定盤A)(DVD付)

カラフル Eyes(初回限定盤A)(DVD付)

カラフル Eyes(初回限定盤B)(DVD付)

カラフル Eyes(初回限定盤B)(DVD付)

カラフル Eyes(初回限定盤C)(DVD付)

カラフル Eyes(初回限定盤C)(DVD付)



未音源化部門

「Hip Pop Boogie chapterⅡ」 櫻井翔

ARASHI Blast in Miyagiで披露された、2008年発表の櫻井さんのソロ曲「Hip Hop Boogie」を2015年バージョンにアップデートした曲。そもそも私はこの曲が世界一好きなので(いや冗談じゃなしにそのレベルで好きっす)、それをこのタイミングでアップデートしてきて披露した事実がまずデカイんですが、その詞がまた。「君たちとなら歩いてく」「こんな景色はみんなのおかげ」と、2015年になった今、この曲に「ファン」も乗せて。でありながらも、「後追いどもまず至らず」「本業の方置いて次向かう」なんて、相も変わらず、いやますます刺々しく攻めていく。それをとても誇らしそうに、得意げに、自信満々に歌う翔くんの表情がたまらない。よくよく見たら2008年のリリックを上から塗りつぶして2015年のリリックに変えてる、っていう演出をモニターでしてたんですね。曲のアレンジも変わってて。かっこいい。最高だ。シンプルだけどすごくかっこよくて、私は個人的に2015年のベストアクトに選んでいいと思いました。


現場部門
ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism

正直、現場部門は、Japonismと、ジャニーズWESTパリピポ、クリエJで迷った。パリピポは1stツアーとしてここまでのクオリティを持ってくる彼らに驚いたし、クリエJは、小さな会場ながらも選曲含めて丁寧に考えられた1コンサートとして出来の良いものだったので。だけど、やっぱり総合点でいうと今年も嵐のツアーになっちゃうなーと思いました。私は、嵐に「ドームクラスの会場で、お金をかけて、ド派手に、どでかく、最高のエンターテインメントを見せつけてほしい」と思っているようで、Japonismは正にその私の望みを叶えてくれました。メンバーそれぞれが挑戦した技、Jr.の使い方、テーマに添いながらも緩急をつけた、「いつもの嵐コン」を損なわないバランスの良さ、そしてMCの面白さも含めて。やっぱり嵐には敵わないよなーと思いつつも、嵐を超えるわ…!と思わせるほどのものを作り上げる子たちが出てきたらそれはそれで面白いな、とも思っています。


コンビ部門

静岡の平凡で純朴な少年と、ドイツの国際色溢れるハイソな少年がジャニーズで出会って同じグループになってシンメになって、お互いを尊重し合い想い合い、寄り添い合いながら切磋琢磨して一緒に成長していく、聡マリは奇跡のような二人です。私はそこまで「シンメ」好きではなくむしろ別コンビを好きになりがちなのですが、聡マリは例外かつ一番好きなコンビです。

自担:中間淳太
…えーと、すいません、これに関しては、今はまだ、降りた降りないとかではなくて、楽曲大賞は一人しか書けないので、その中で、私の自担的な人を一人書くときに、その、「応援」と「好きという感情」のバランスが一番取れているのが彼で…(翔さんは応援というのはほとんどなく「信仰」だし、とにかく「好き」が非常に強い。聡ちゃんは逆に「応援」が強い、見守るスタンス)私の中の担当の定義を考えたときに一番当てはまりやすいかな、ってだけで、3人とも大好きなのには変わりないですし…その…なのでそういうことにしておいてください…その…あの…そういうことです

2015年は前年と比べて個人的にもあまり自ユニ以外の曲を聴かなかったな、というのは実感としてあるので、2016年はもう少し聴けたらいいな、と思っております。
最後に私の、ここに挙げなかったもので好きな曲を羅列します!
SMAP「Otherside」
TOKIO「東京ドライブ」
 V6「Wait for You」
嵐「愛を叫べ」「Bolero!」「イン・ザ・ルーム」「マスカレード」「Japonespue」「日本よいとこ摩訶不思議」
NEWS「NYARO」「BYAKUYA」「チュムチュム」
Hey!Say!JUMP「殺せんせーションズ」「UNION」
中山優馬「YOLO moment」
Sexy Zone「Hey you!」「Hello(菊池風磨)」
A.B.C-Z「Moonlight walker」
ジャニーズWEST「SCARS」「All My Love〜ちゅらうみっくすバージョン〜」「迷宮SUMMER」「ホルモン 〜関西に伝わりしダイアモンド〜」「Terrible」

ジャニーズの好きな曲いっぱいだ!!