読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hedonism

※個人の主観です

2015.12.27

雑記
年の瀬にこんな記事…と思うのですが、勢いで書いてしまったので、そのまま公開します。

※個人的な感情の話をするので、場合によっては気分を害されるかと思います。この先を読むかどうかは自己判断でお願いします。

嵐のJaponismツアーオーラス公演で、2016年のアリーナツアーが発表されました。

Wアンコール、出てきて。翔くんが、「いっぱいお知らせしないといけないことあるのに、言い忘れちゃった」って、紅白と、年始の特番の宣伝をして。そのあと、メンバー見渡しながら、「他に、お知らせある?松潤とかない?」って、確認するように聞いて。単純に、言い残したことはない?っていう意味だと、このときは思ったのね。
そのあと潤くんが、「念願叶って…」とか話し出したから。
はて?って。なんだろ。潤くん個人仕事で何か大きなことが決まったのかな。ずっとやりたかった目標が何かあったかな。あ、もしかして、大物との共演とか…?舞台…?まさか海外に一人出て、ミュージカル出演とか…。いや、グループとして何かって可能性もあるか…?とか、その一瞬でいろいろ考えて。「9年ぶりに…」って言われても、全然ピンとこなくて。
「アリーナ回ることになりました」と発した瞬間、ほんとに、ドーム爆発して天井吹っ飛ぶんじゃないかってくらいの、悲鳴とどよめきが起こって。あのエネルギー集めたらすごいことになると思う。あのパワーで発電できるんじゃないかしら。悟空の元気玉超えると思うくらいだった。
私も本当、予想してなかったから。てか昨日は布袋さんがくると思ってたのに東山先輩がきて、それも予想外だったのに、さらにそれを超える予想外のことが起きて、もーパルプンテ。オーラスを思いっきり浸ろうと思っていたのに全部吹っ飛びました。

「HOTワードに「Wアンコ」「アリーナ」って出る」だとか、「チケット争奪戦が今から…」とか、メンバーがきゃいきゃいしだして、なーに言ってんだこの人たちと思ったのですが、なんだか楽しそうだったので、微笑ましくぽやーっと眺めながら、私は、すでに個人的に決まっている予定と、これから決めようとしていた予定と、お金と、休みと…を、瞬時にグルグル考えていました。

嵐は、それこそ国立+5大ドームツアーってやってたときからずっと、来てもらうばかりじゃなくて、自分たちで足を運んで、待ってくれているファンのいる土地で何かできたらって想いを抱えてきたと思うし、だから今年の宮城だって本当に念願だったはずだし、私はその嵐の願いを叶えてあげたいって思う。
前は、嵐に、とにかく需要と供給のバランスを取ってほしくて、嵐ファンのキャパを受け入れてほしいって願ってた。でも、去年のハワイ開催が決まったとき、嵐が、日本にたくさんの、嵐のことを応援しているファンの人を置いていってまで、ハワイの地でコンサートをやる選択をしたこと、本人たちがやりたいって思ったことを、いろいろなこと振り切ってやる選択をしたことで、考え方が変わった。
それまでの嵐は、ファンの希望をできるだけすくい取って、取りこぼしが少しでもないようにってことに注意を払っていたように見えたけど、それがもし重荷や足枷になって停滞するくらいなら、容赦ない言い方かもしれないけど、全部ぶっちぎって、切り捨てるところは捨てても、前へ進むための新しい何かをやってみる方がきっといいんだって、そう思うようになった。

だから、私は嵐がやりたいならやればいいと思うし、これからもどんどんやりたいことやってほしい。自分たちの活動は、自分たちの信念でとことん突き進んでいってほしいと思ってる。

Twitterでこの件について、複数持ってるアカウントのTLで、いろんな人のつぶやきを本当にいろいろ見たんだけど、割と、嵐はもう今は降りてる人の方が、肯定的に考えてて、現役で嵐を一番に応援している人達の方が、チケット取れるかな…とか、なんでアリーナ…とか、正直な気持ちを書いているように見えた(当社比)。なんとなくなんでそうなるかはわかる。当事者意識が強い人の方が危機感持つもんね。

私個人としては、ハワイもLVに行けたことでかなり満足したので、ファンになってから、嵐のコンサートを観られなかったことが今までなくて。私の、嵐担であるというアイデンティティのようなものが、「嵐の作り上げるコンサートやショーを、この目で見て、生で体感すること」だったので、けっこうそこは意地になって頑張ってきた。
アリーナ17公演で17万人。同じ動員数するんでも、大きな会場に一気に集めるより、細かく回数重ねる方が倍率が上がる(多ステが増えるから)。
そうなると、もう本当に、ちょっと今までのようにはいかないというか、覚悟はしておかないとな、とは思う。

だってさ、私も頑張ってるもんこれでも。みんなもすっごい頑張ってるじゃん。みんな、本当に必死だもん。そりゃざわつくよ。
でも、頑張るだけじゃどうにもならないかもしれない。自分が行けなかったら、どうしても嫉妬心とか生まれてしまうかもしれない。すっごいダサイけど。

それでも、私は、その不満の矛先を嵐本人に向けたくない。そして、ファン同士の醜い罵り合いになるのも嫌だ。

私自身心が狭くなってしまうのは、きっとそれだけ必死で、本当に嵐が大好きで、嵐の作るエンターテインメントをこの目で生で観たいという気持ちの強さゆえなんだと思う。プラスだけじゃなく、マイナスの感情にも心が突き動かされるのは、それだけ執着している証拠で、そういう人間の喜怒哀楽いろんな感情の、透明な純水の部分を沸き起こさせるのは私にとっては嵐だけだ。

だからこそ私は、今まで「現場に1回でも入る」ことに執着して、嵐担としての自分の意地にしてきたけど、そういう汚い感情に支配されないように、今からちゃんと心の準備をしておきたいと思う。というよりは、考え方を変えていきたい。自分の中の、「嵐担」の定義が変わることになるけれど、入れなくても大丈夫だって思える自分になりたい。

そうやってスタンスを変えていくことで、熱の入り具合が変わったんじゃないかと思われるかもしれないけど、私はオーラスに入ってやっぱり世界一かっこいいグループだって再確認したし、嵐が大好きなことには変わりない。嵐はもう信仰の対象のようなものだから、例えばコンサートは参拝にいく!みたいな気持ちで(笑)、振られたら、神様に呼ばれなかった〜!って思おう(笑)。

あーーーでもやっぱり観たいなぁJaponism Show。嵐が、劇場ではなく、アリーナ規模の会場で、SHOCKとかプレゾンとか、それこそジャニワとか…代名詞となるようなジャニーズのエンターテインメントショーを作るってことなのかな(ストーリーがあるものとは思えないけど、それもわからん。コンサートではないみたいだし)。しかもツアー。移動式サーカス団みたいだ。来年1年のみなのか、これからライフワークと続けていくのか、それだとしてもJaponismをずっと掲げていくのかはわからない(そもそもアリーナが決まった経緯もわからんし。Japonism Showの構想が先にあったのか、アリーナで地方を回るが先にあったのかもわからんから)けど、何か新しいことが始まるのは、とてもワクワクする。

とにかく一回は観たいなーーいやほんと頑張るけども。頑張ると言ってもだしなぁ。こういうこと書いても、外れたらこの世の終わりだと思うんだろうなぁ。はーーー。

お目汚しすみませんでした。

あーーー。嵐大好きだよ。