Hedonism

※個人の主観です

2015.12.17

究極、皆等しくチケット代を支払って入場しているのだから、中に入ってしまえば、どうコンサートを観ようが、その人の勝手なのかもしれないけれど。でも。

12/17福岡ドームのコンサート、私は参加していないのですが、ザッとレポに目を通し、起こったことを把握しました。
コンサートの嵐はとてもかっこよかったようで、萌えポイントもあり、よかったな、と思いました。

で、話題になっていたレポをかいつまむと。
櫻井さんのソロ、スネアプレイ中に櫻井さんがスティックを落としてしまう→その失敗に対して会場で笑いが起きる→最後の挨拶にてそのことに触れ「笑われたって俺はいい。ただ、隣に小さい子がいたらとてもかわいそうなことをしてしまった、少年少女たち、人の失敗を笑うような大人になるな、人の努力を笑うような大人になるな!」と発言した、と。

現場にいなかったのでどんな表情で、温度で言ったのかわかりませんが、レポを読む限り、「怒った」ふうだったようですね。

冒頭でも書きましたが、コンサート会場の中にいる人は、皆等しくお金を払って入場しているわけで。事前に何か条件をクリアした人だけが入れるというものではないので、お金を払えばどのようなスタンスでだろうが、等しくコンサートを観ることができるわけで。ハッキリ言ってしまえば、その人の勝手なわけです(もちろん、うちわを高く掲げないとか、席移動しないとか、最低限のマナーは守るのは当然の上です)。

嵐の人たちはアルバム制作からコンサートに至るまで、「Japonism」をどのような意図で、何を提示していて、何を目指して作ってきたか、ということを、雑誌だったりWebの連載だったりその他もろもろで説明してくれるけど、それらを予めチェックして踏まえたうえでコンサートに参加する人もいれば、テレビで観ている嵐に生で会ってみたい!というノリでコンサートに来る人もいて、今は他のグループの担当だけど嵐は観たい!の人もいるし、はたまた付き添いで来る人もいる。そもそもあの会場に集まる数万人のスタンスは本当にバラバラだし、温度差(という言い方はあれだけどあえてそう言う)も全然違う。「そこまでする」人ばかりではないし、「そこまで理解する」つもりの人ばかりでもない。*1
古株さんはきっと、「昔ならもっとみんなが同じ熱量で、同じように嵐が望むものをこちらも食らいつくくらいの気概で返していって、その相互作用を大事にしてて…」と思われているでしょう。でも今の嵐コンはきっともうそういうものではないのでしょう。

今回のツアーで、彼らはそれぞれ「挑戦」をしているわけなんですが。
そこに至るまでの過程を見せたわけではないので。わかりやすいドキュメンタリーで煽りでもすればまた違うんだろうけど、それもなく、コンサートで完成された技を魅せているので。
コンサートで披露されるその技を体得するまでに、努力があり、1回1回のコンサートの場で、失敗しないよう心を緊張させながら取り組んでいるということを、捉えることができない人もいるんだよなぁ、その「真剣さ」を汲み取れない人もいるんだよなぁと。
それこそ、テレビを見ている感覚、というか。人々に笑いを提供するバラエティ番組のように、何か失敗したら、やらかしたwwwって、草生やして笑う。本人の想いを考えたら絶対に笑ってはいけないようなところで笑ってしまう。

10周年前後は私のような新規が大量に流入してきた時期で、めまぐるしく「嵐」が変わっていって、その雑然とした状況を、ここ数年で少しずつ、「再教育」しているのかなぁ、そしてその成果は出ているのかなぁ、というふうに感じていたんだけど、やはり今の嵐ほどになると、どうしても取りこぼしが出てしまうというか、全員が全員同じ方向を向くのは難しいのでしょうか。

翔くんは今回、あえて言葉にしました。
もし、17日のコンサートで初めて生の嵐を観た人がいたとしたら、きっとびっくりしただろうし、もしかしたら、もう行きたくない、と思ってしまうかもしれません。また、その1回しかJaponismツアーに参加できない人にとって苦い思い出になってしまったかもしれません。
そんなリスクを負ってでも、そういう想いをさせてしまう可能性をきっと、いや絶対に感じていながらも(だからレポでその挨拶後の彼の表情について言及している方が多かった、きっとそれほどまでに本人も苦しんでいると思う)、言葉にした彼の気持ちを今一度考えて…っていうのはやっぱり難しいのかもしれないけれど、それを聞いて、その空気を感じて、ハッとした人がいたらいいな、と思います。

私はダメなことをダメだと言ってくれる人だから翔くんが好きです。
自分が表現することひとつひとつに明確な、曲げることの許されない想いを乗せて、それに反するようなことが起こったら我慢のできなくなる翔くんだから好きです。
どんな印象持たれようとも、正しいと思うことを曲げずに正そうとする翔くんだから好きです。
翔くんの「芯」が好きなんです。

自分の好きな人と、好きな人たちが、大事にしたいものを、私も大事にしたいな、と思います。

*1:私も正直ちゃんと追えているわけではないですが、理解はしているつもりです

広告を非表示にする