読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hedonism

※個人の主観です

ジャニーズWEST 1st Tour パリピポがめっちゃ楽しかった話をしたい

ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ、横浜アリーナ5/5昼夜、5/6昼夜の4公演観てきました。曲もほぼわからなかった状態でのあけおめコンが楽しく、彼らの初めてのツアーも期待大、ということで今回は曲を聴き、振りの練習も軽くしてからの4公演ガッツしてきましたが結果、足りない!!もっと観たい!!となって完全にパリピポロス。幸せ100%しかないコンサートでした。というわけでレポでもなんでもないただただ絶賛の感想文を残しておこうと思う。※ネタバレあります。

 

特筆すべきは、抜かりなく練られた綿密なセットリストと構成。コンサートのメリハリが効いていて、見せ場が何度も訪れる。

ざっと構成を説明すると、まずオープニングの「青春ウォーーー!!」「ズンドコパラダイス」「ジパング・おおきに大作戦」で畳みかけるように会場を盛り上げる。簡単で真似のしやすい手振りで会場の一体感を煽り、C&Rや声出しで空気を温めていく。そしてアルバムのリード曲「パリピポアンセム」で会場のボルテージを一気に最高潮まで持っていく。

それからJr.紹介コーナーを挟み、「夢を抱きしめて」「SCARS」「Can't Stop」で黒衣装でクールなダンスを魅せたかと思うと、パリピポくんによる「笑い」を追求したステージへ。「Manbo de WEST!」では小道具とメンバーのわちゃわちゃした絡み、「粉もん」は会場みんなでC&R&踊りながら、途中メンバーがわざと音痴に歌ったりふざけたりすることで笑いを取り、続く「アカンLOVE」では会場全員でパラパラ!しかも間奏ではメンバー動きの真似をする、というお楽しみ付き。「ラッスンゴレライ!」とか「そんなの関係ねぇ!」とか、メンバーがやったことを10000人以上の客が真似するんですよ。なかなかのカオス(笑)だが超一体感!そして「浪花一等賞!」で盛り上げて前半戦を締める。

MCを挟んで(MCもただ話したりお知らせしたりするんじゃなくて、パリピポBOXといって普段メンバー同士言えないことを言い合おう、という嬉し恥ずかし企画を間に入れるといった工夫があった)、デビュー1年のお仕事を振り返るメドレーでは自分たちの曲はもちろんのこと、ごめんね青春の主題歌、関ジャニ∞の「言ったじゃないか」に、「一緒に番組をやっているから」と言う理由でJUMPのUMP、「ゲストで出させていただいたから」という理由で嵐の「A・RA・SHI」がまさかのセトリ入り!個人的には、VS嵐なんて普通の芸能人はただの番宣出演くらいの感覚だろうに、あの子らにとってそんなにデカイことだったんだな・・・と感謝カンゲキ雨嵐。

Jr.ステージを経て「キミコイ」で街灯とベンチを模したセットによるミュージカル風のダンス、そして「Toxic Love」でアダルティで魅惑的なダンスを見せ、「SAKURA」ではフロートの上に立つメンバーを、木の模様の照明が照らすことで桜並木の中に佇む7人、そしてペンライトのピンクが桜を表しているように見えて非常に美しい。

映像によるC&Rコーナーを経て、「PARTY MANIACS」はまさにこのツアーのクライマックス。レーザーがびゅんびゅん飛び交うダンスホールのようなステージで激しく踊る7人は、今までの関西のカッコよくてノリのいい兄ちゃん、というイメージを華麗に塗り替えていた。「for now and forever」でガッツリ踊り、「バンバンッ!!」で外周&お立ち台を駆使してくまなく会場を周り、関ジュに絡む。ラストは「Time goes by」で聴かせて終わる。

アンコールはP&Pでスタトロを使いスタンド席の近くに行き、ラストは「パリピポアンセム」でタオルを振り回す!

ああ私の文章力では微塵も伝わらない感が悔しいけど、これだけ盛りだくさんで、バラエティ豊かな構成になっていて、コンサートが終わって2時間しか経っていないことに驚いた。

盛り上げて→クールにキメて→笑わせて→驚かせて→大人っぽく魅せて→聴かせて→新たな顔を見せて→また盛り上げて→ファンと触れ合って→最後会場のボルテージが爆発して終わる、という構成の隙のなさ。

そして照明の使い方にも拘りを感じる。SCARSでは青い照明に細かい銀の紙吹雪が舞うことで、雨が降り注ぐような光景が広がったと思ったら、次のCan't stopで炎が吹き出す演出を使い、真逆の世界観を見せる。キミコイ〜Toxic Loveはピンクの照明を巧みに使いエロティックな雰囲気を出し、SAKURAは先ほども書いたようにペンライトのピンクが桜並木の中をイメージさせる。PARTY MANIACSは四方八方からレーザーが飛び交い、ステージ上は濃い色の照明が幾重にも重なる。スポットライトでただメンバーを目立たせるのではなく、メンバーを見るには少し暗いな…と思うほどの明度だったが、それがEDMの曲調に合いまるでクラブパーティーの中にいるようだった。私はこの拘り抜かれた光景全体を目に焼き付けたくて、7人全員の姿と演出を目に入れたくて、どれだけ席が遠くても双眼鏡を使わず見ていた。

また、とにかくファンが元気。開演前のジャニストコールから、お決まりのC&R、パリピポアンセムのいやほいいやほい!、手振りやパラパラ、メンバーのモノマネをするときも、パリピポくんによる映像のC&Rも、そしてアンコールのジャニストコールもとにかく大きくて、この歓声を一身に浴びているメンバーはさぞかし気持ちいいだろうなぁと思った。Jr.紹介のC&Rでも声が小さくなることがなく皆全力で全員の名前を呼んでいて、関西のファミリー感を感じた。

コンサートの構成・セトリ組みには淳太くん、流星くんが中心となっているようだけど、「こんな楽しくて完璧なコンサート、デビューして2年目のグループが作れるんだね」と話をしたら、「淳太くんは歴が長いから、いろいろ観て勉強してきたんだと思う。先輩のバックについたりコンサートを観たりして学んで、デビューしたらこういうことがしたい、ということを頭の中でたくさん思い描いていたんだと思う。そして、メンバーが「こういうコンサートしたいね」という話をごくごく自然にできるような雰囲気が整ってるのも理由だと思う」ということを友人に教えてもらって鳥肌立った。いろいろ観て経験して学んで吸収したものを凝縮するとこんなに凄いコンサートが作れるようになるのか。今回はソロがないため着替え等のつなぎは映像やJr.を使っていたんだけど、その使い方も上手い。Jr.紹介ではC&Rをして会場の一体感を保つし、映像のトークで客を笑わせ、映像を使ったパリピポ君のC&Rで場の空気を冷やさないよう、客を飽きさせないようにしている。結果、最後までコンサートに集中することができた。そういうところまで含めて、完璧に練られたコンサートだったと太鼓判を押したい。正直に言うと、私が一番好きな嵐のコンサートに、豪華さは劣るかもしれないけど、内容は引けを取らない、とすら思っている。見る人が見たらもしかしたら荒削りだったり工夫が足りなかったりすることがあるのかもしれないけど(私は完璧だと思ったのでない)、これを、いくら歴が長いとはいえデビューして2年目の、自分らの単独コンサートは2回目でアルバムを引っさげてというのは初、という彼らがここまでのものを作り上げたことにただただ感動している。関西のオモロイ兄ちゃんが関西風のおもてなしで最高にHAPPYに作り上げた1stコンから、PARTY MANIACSで新たな可能性も見せた1st Tourへ、たったの4か月で進化を遂げた。これからソロだったりユニ曲だったり、コンセプトをガチガチに固めたツアーだったり、いろいろな可能性を秘めていて、期待しかない。

MCで淳太くんのシルクハットを手品師のそれに見えると囃し立て、「鳩が出せるんですよね?」と煽り、まるで幼児のようにメンバー6人が淳太くんの前に整列して座り、やんややんやと言いながら淳太くんが「よく気づいたね。この帽子はねぇ、なんでも出せるんだよぉ?」と言いながら鳩のモノマネをし、その流れを照史くん→ライオン、濵ちゃん→スパイダーマン、と続けてやった後に、「俺ら普段楽屋でこんなんばっかしてるんだけど、ファンのみんなは大丈夫なの?」とファンが置いていかれてないか心配するメンバーを見て、こんなことばっかり楽屋でやってるこのグループが、いいグループじゃないわけがない、と心から思った。

1月のあけおめコンで「僕らは必ずみんなのことを一番幸せにします」と語っていた彼らが、その言葉通りにパリピポコンで私たちを幸せ100%にしてくれた。また今回のコンサートでも「みんなのことを幸せにします」と語っていた彼らはきっと次もまた宣言通り私たちを幸せにしてくれる。「幸せの約束」を破らない彼らと過ごす時間を大切にしたい、そう思えるコンサートだった。次が楽しみでしょうがない。

そんなわけでコンサート4公演終わってすっかりジャスミンになった私は追っかけるグループが増えこれからまたさらに現場が忙しくなりそうです。クソDDでごめんな!!ジャニコン最高!!