読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hedonism

※個人の主観です

他担の私が推したいアルバム NEWS「White」

White 【通常盤】

White 【通常盤】

先週、私は某CDショップに2日続けて足を運びました。1日目、火曜日は嵐のシングル「Sakura」(予約済)を引き取りに。その翌日、水曜日に、NEWSのアルバム「White」を購入するため、再び店頭へ向かったのです。
そもそもなぜ、同じ火曜日に2作品とも買わなかったのか、というと、元々はNEWSのアルバムを購入する予定がなかったから。火曜日に、NEWSのアルバムも店頭に並んでいるのを見て、手に取って眺めてみたりもしたが、何せ今後の現場ラッシュのための先振り込みでお金がない。我慢……。というワケです。
しかしその翌日、一度は購入を見送ったそのアルバムを買いました。理由は、「オリコン初日2位発進」、というツイートを見たから。他担の私が何を言うか、という話ではあるけれども、あの初動1位にこだわり続けるジャニーズ事務所の中で、このチャンスを逃して欲しくなかった、どうしても1位を取ってほしかったという、半ば衝動的な気持ちで買いに急いだのであります。完全なる自己満の世界だとは思うけれども、結果、初週1位をめでたく獲得し、私もとても嬉しいです。

さて長い前置きはここまでにしておいて、肝心のこのアルバム、「White」について。
購入したのはソロ曲が収録されている通常盤。2月はジャニーズWESTズンドコパラダイス、渋谷すばるさんの記憶/ココロオドレバ、Hey! Say! JUMPのライブDVD Smart、嵐のSakura、映画ピカ☆★☆ンチのBDと、すでに出費が多くさらにFCチケットの振り込みもあるため財布が火の車だったため、映像と曲数の多さを天秤にかけ、後者を選びました。

そもそも私のNEWSにおけるスペックは
・知っている曲はシングル曲がほとんど
・一番好きな曲はweeeek
・持っているCDはベスト盤1枚のみ
・手越くんの歌声は好き
・4人で再始動の年のラグビー場公演に行きたくてFCに入会するも落選しそのまま更新せず期限切れ…
・イッテQは昔よく見ていた、トーキョーライブの小山くんは好き
……そう、ほぼ初心者、若葉マークの人間であります。
そんな、予備知識のほとんどない私が聴いた「White」の感想。

・無駄のない曲並び


まずはアルバムを1曲目から通しで聴いたのですが、1曲目がリード曲、テレビでも披露されている「Mr.White」から始まり、シングル曲「KAGUYA」、CMソングとして使われている「NYARO」、日テレ系FIFAクラブワールドカップのテーマソングとして使われた「SEVEN COLORS」と、立て続けに「これ!聴いたことある!」という楽曲が並び、スッとアルバムを聴く体制に入り込むことができ、ようやく現れる初聴きの5曲目の頃にはアルバムの世界にすっかり馴染んでました。
私の場合ジャニーズに限らず、日頃から入れ込んでいる人たちでない限り、とっかかりのハードルが高くて、その音楽にすんなり入り込むことができないのです。そういった、食べず嫌い気味の人間にとって、聴いたことある!という耳馴染みのある曲は引き込むのに最適な材料と言えます。ジャニーズに限らずアーティストのアルバムで2~3曲目といった割と序盤にシングル曲が配置されることが多いのは、シングル曲が持つキャッチーさによってハードルを下げ、ファン以外、いわゆる一般層を取り込む狙いがあるのかもしれませんね。

・音の作りの丁寧さ


このアルバムのお気に入りポイントとしてもう一つ挙げられるのが、楽曲クオリティの高さです。音楽詳しくないのでアレなんですけど、個人的に好みな打ち込み系のアッパーソングが中心となっているこのアルバム、音に小技が効いていて楽しい。
そして注目すべきは、中盤に挟まれるBYAKUYA。この曲の音が、立体的に聴こえるんです。イヤホンをしながら聴いていると、左前の方から、雷鳴が聴こえてきます。他にも、ストリングスの音、ホーンの音等が、前後左右、あらゆる角度から聴こえてくるんです。これは、この曲のオーケストラアレンジを活かした、実際に生でコンサート会場で聴いているかのような演出なのでしょうか。音の中心にいる私は、このおどろおどろしい歌劇のような曲の世界観に飲み込まれるのです。

以上、他担の私なりに思う「White」の感想を書いてみたわけですが、このようにほぼほぼ茶の間と変わらん私の視点でこう思った、というだけなので、該当担の方はまた違った感想を持っているんだろうなぁと思います。
私はこのアルバムは茶の間に自信を持ってオススメできると思います!
このアルバムを引っさげた彼らの久しぶりのコンサートツアーが楽しいものになるよう心から祈っております。