読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hedonism

※個人の主観です

ほら もう止まらない

記念日
「15周年はこじんまりと」

15年目に入った去年のLOVEツアー、札幌ドームの最終日だったか。潤が最後の挨拶でそう発言したのは。
「こじんまり」
このワードはファンの間で物議を醸した。
15周年アニバーサリーを期待するファン。
「こじんまり」という言葉から連想される、「大勢での共有ができないのではないか」という不安心。

私はその日の公演に入っていたので、潤の言葉から、「10周年のときのように、多方面から大々的に取り上げられるのではなく、 自分たちとファンとより身近なスタッフたちとで、内輪的な感じでやりたい」というニュアンスを感じ取っていた。
その頃から嵐は言っていたと思う。
15周年は通過点。そこにあまり重きを置いていなくて、あくまでも20年、30年のその先のためにアクセルを踏むような年にしたいというようなことを。

年が明け、3枚のシングルがリリースされた。すべてメンバー主演のドラマの主題歌だが、その楽曲はバラエティ豊かなものが揃った。
「Bittersweet」ではリーダーの智が初めてシングル曲で振付を行った。
「GUTS!」のPVはHappinessを想定させるようなギュギュっと寄り添ったかわいらしい嵐に、キャッチーでファンが真似をしたくなるような振付がついた。
「誰も知らない」では嵐の魅力であるクールに揃ったダンスでかっこよさを見せつけた。
そしてその3曲すべてに凝ったフォーメーションダンスを取り入れ、さらにミュージックステーションに出演する際には、そこにもう一段階、人文字や鏡張りで左右対称にするなど、面白みのある演出を取り入れた。
これは昨年末からの音楽番組出演から感じていたことだが、嵐のコンサートに参加できず生で直に嵐を観ることができないファンが多くなった今、テレビで見るファンの人にもより一層楽しんでもらえるように、という工夫が嵐側からよりはっきりわかりやすく伝わってくるようになったと思う。

6月には嵐のワクワク学校、4年目になる今年は「ワクワク合宿」と題して「友情」をテーマに授業を行った。
「友だちの日」に関してはご公務的な部分も感じるが、内容それ自体は例年以上にほのぼのと緩く、アットホームな雰囲気で、でも「5人で歩いてきた」という、絆を改めて感じることができて、終演後に「いいものを観たなぁ」と素直に感動した公演だった。

それから、ピカ☆★☆ンチの公開、そしてハワイでのコンサート。
これを経て私は、嵐が、自分たちのもとに「嵐」を取り戻しているような感覚を覚えたのと同時に、あのとき潤が「こじんまり」と表現したその言葉の意味を想った。
例年ジャニーズ事務所が使用してきた夏のTDCを嵐が使うことになり、何をやりたい?と聞かれ、「ピカンチ」をやりたいと答えた嵐。そしてハワイ州からのオファーを受けて実現することとなったハワイのコンサートで、「嵐コン」をハワイの地に持ち込みながらも、デビューからの自分たちを懐古するかのように初期曲を続けざまに踊った嵐。
どちらも前提は、オファーありきの話ではあるけれど、でもそこで嵐が選んだことは、自分たちがやりたいこと、だと思えたのがよかった。
15周年、結果的に大々的になったように見えるけれど、ピカンチなんてあんなシュールでサブカルで、嵐ヲタ以外は多分観に来ないであろう映画のスピンオフに、(LVがあったにせよ)ン十万する海外ツアー組んで現地に15000人のファン連れてくっていう、実はそこまで開かれたものではなかったこの2つのイベント。さらにハワイにレギュラー番組のスタッフ連れていってそこで収録してるんだよ。ZEROもハワイから中継したんだよ。

10周年の時のような、周りに「おめでとう」って祝ってもらうものではなく、俺ら嵐とファンとスタッフとで、内輪的に楽しんだ15周年。「こじんまり」あれはあのときたまたま口をついて出ただけのワードだと思うけれど、でも彼らが意図したものはこういうことだったんだろうなって、今改めて思った。大々的な記念に見えたけれど、嵐の感謝が向けられたのは、一番身近にいるファンでありスタッフだったと思う。「おめでとう」を受け取る、受動的な記念じゃなくて。自分たちが巻き込んで、「ありがとう」を伝える、いや、伝えたかった。そんな能動的な記念だったんじゃないかなぁって。勝手に思ってる。



そんな嵐がしきりに言う、「5×5、5×10ときて、流れで言えば5×15を出すところだったんだろうけど、それをせず、オリジナルアルバムを出す」「20年30年の布石になるようなものを」という意志のもとにリリースしたアルバムが「THE DIGITALIAN」。

Zero-Gのメイキングで、潤が言っていた。「新鮮味やっぱないじゃないですか、既存の曲っていうか、シングル系がね。そうです、自分が飽きちゃうんです。」これ聞いた瞬間、「カッコイイ~!!!!!」って声漏れたんだけど。
先に述べたように3枚のシングル曲でも演出等で新鮮味を出してくれたし十分攻めの姿勢が感じられたんだけど、ここへきて「足りない!自分が飽きちゃう!」ってそのトガりまくった精神半端ない。

THE DIGITALIAN。「デジタルとヒューマンの融合」「一歩進んだもの、新しいものをやりたかった」という一貫したコンセプトに嵐の攻めの姿勢を感じつつも、嵐らしいキャッチーな曲も取り入れられ、結果的にとても嵐らしいアルバムになったんじゃないかなぁって思った。それぞれのソロ曲も見事にバラけていて面白い。バランスがいい。

そのアルバムを引っさげた今年のコンサート、DIGITALIANワールドが本当に楽しみだ。 

そしてこのアルバムのボーナストラックに収録されている「Take off!!!!!」
「信じゆく 光る5つの輪の向こう」から
「信じゆく 光る6の輪の向こう」になる、この「6」には何の意味が込められているのか。
「ファン」か。「未来」か。この曲を「ラブレター」という、作詞した自担さんの講釈を待ちたいと思います。



今年に入っていろんなグループを好きになり、ただの「嵐ファン」から「ジャニヲタ」になったし、嵐を取り巻く環境にモヤモヤすることもだいぶあるけど、私が嵐を降りないのは、「今の嵐が面白い」から。嵐から離れないのはほかでもなく嵐が理由。
観光大使とか…国際映画祭とか…紅白とか…世間に求められる「嵐」としてのご公務もしっかりこなしつつ。
嵐の活動の主体である、3枚のシングルもワクワク学校もピカンチもハワイもそしてTHE DIGITALIANもZero-Gメイキングの定点カメラも、今年の嵐のやることなすこと全部好きすぎて、嵐のファンであることを全世界に自慢したいくらい誇りに思うから。

何で嵐の人気は今もとどまるところを知らず、CDやDVDは爆売れし、年々チケットの倍率は上がり続けるのか。
その理由は嵐を見ていたらわかる。嵐は面白いから。見る価値が、聴く価値があるから。
嵐が嵐として存在し続ける限り止まらないし進化をやめないので、嵐担であることに満足して降りるってことはないだろうなぁと思う。

これからも「好き」を更新し続けていってくれる嵐でいてください。
「地 水平線の先のその先を」見せてほしいし、「空 星の先の先のその先へ」連れていってほしいです。

嵐、デビュー15周年おめでとうございます。
いつもありがとうございます。
これからの5人の未来に幸あらんことを。