Hedonism

※個人の主観です

#我が息子に付けたいジャニタレの名前5選

ン十年前、歳の離れた妹が生まれるということで親が買ってきた名付け辞典を隅から隅まで読んでいた私。将来子供ができたら、こんな名前にしよう、あれもいいかなぁ…なんて想像を巡らせていました。あれから時は経ち…体だけは立派な大人になった私ですが、まだまだ名付けの機会がやってくることはなさそうだよ!!クッソーーー!!!切腹ゥ!!(号泣)こんな時は妄想しかなくない??そうやって自分を慰めるしかなくない??ってことで、こちらの記事を拝読し、私もやりたい!やりたい!と勝手にお題をお借りいたしました。失礼します!ありがとうございました!

axshige.hatenablog.com

 

そもそも「聡(ソウ)」っていい名前よなぁ〜というところから始まった妄想だけど、いとこが「聡(ソウ)」だった。もしこの先何かの事故で子供が生まれる人生を得られたとしても、「聡(ソウ)」は付けられんな。

 

1.

潤(ジュン/松本潤

「潤」という漢字が好き。潤いの潤。潤沢の潤。意味を調べると「豊かになる」とか「利益/恩恵」とか出てくる。潤くんのような心が豊かで温かい子になりそう…。女性でもイケる。潤子、とかとてもステキやん。

 

2.

慧(ケイ/伊野尾慧)

こちらも漢字が好き。そして「ケイ」という響きが好き。これも女性でもイケる。実は子供の頃この「慧」という名前に憧れて、改名したいと思ってた…。意味を調べると「気がきいて賢い。さとい。」と出てきて良い。賢い子にしたい。しかし画数多くて子供に嫌われそう。

 

3.

謙太郎(ケンタロウ/安井謙太郎

私、「〜郎」って付く、長い名前が異常に好きなんです。なので「慶一郎(ケイイチロウ/小山慶一郎)」とか「丈一郎(ジョウイチロウ/藤原丈一郎)」とかも良いですね。謙という字は謙遜とか謙譲とか、へりくだる、控えめで慎み深いという意味があって、我が子はそういう人として大切なことを身につけて育って欲しい。謙太郎とつけてケンちゃんって呼びたい。

 

4.

郁人(フミト/河合郁人

「ふみと」って響きがもうかわいくない?!?!「ふ」の柔らかさと真ん中の「み」の可愛らしさと最後に「と」でしっかり止まる安心感…。「ふみきゅん」ってあだ名もめっちゃかわいいやん。「郁」には「香気が盛ん、文化水準が高い」という意味があってこれもまたステキや〜(涙)

 

5.

淳太(ジュンタ/中間淳太

はい出た自担〜。ひとつめの「潤(ジュン)」と音は被ってるけど、淳太くんの場合「太」が付いてるのが肝。「淳」だけだと「あつし」とも読めるし男女ともに名付けによく使われる人気の漢字だと思うのでなんとなくありふれた感じがするけど、「太」がつくことによって一気に個性が強くなる気がする。だからうちわも、2文字で字が小さくなっても「太」をつけたいんだ私は。「淳」という字は「情が深い、素直、純粋」という意味があるってもうそれまさに淳太くんやーん(涙)名は体をあらわす〜(号泣)。私も中間母になって「じゅんくん」と呼びたい(願望)。本人が彼女に呼ばれたい呼び方「じゅんくん」。しかし実際担当の名前は絶対に子供には付けられないと思う……そういう意味で「翔」も大好きだけど絶対むり。って結局自担ホメ文になっただけでは。

 

こうやって考えると私、漢字が好きなのか、漢字に意味が込められているのが好きなのか。それと割とストレートに読める名前がいいみたい。ジャニーズの人って良い名前多いですよね〜!!

ってこんな妄想してるけどなんも予定ないよ。周りは出産ラッシュだよ!!虚しくなってきた!!淳太くん産みたい人生だった!!解散!!〜完〜

 

なうぇすと初日雑感(ネタバレあり)

初日のファーストインプレッションを2回目見る前に残しておこうと思う。

 

ジャニーズWESTかっこつけすぎ(褒めてる)

 

ええじゃないかー!で始まったドームとは打って変わっていきなり一曲目パリマニって何それ?!?!のんちゃんが「え?!え?!ってなる」って言ってたけどほんとになったわ。そりゃドームでパリマニやらんよね。ここに取っておいたのか。まずアルバムツアーなのにアルバム曲から始まらないなんて斬新!でもその価値観こそ私たちが勝手に植え付けたものでしかないんだよな。彼らはこれが正解だと思って一曲目を堂々と選んだんだ。

そっからもずーっと…一回挨拶挟んでガラリと変わるのかと思いきやまだかっこいいの続くから、「えっジャニーズWEST大丈夫?!攻めすぎじゃない?!こんなかっこいいのやらせてもらって大丈夫なの?!?!」って逆に不安になってくるという…。かっこいいアクセントダンスもはいって、まだまだ攻めるか?!と思ったら天井からアイスクリームの被り物降りてきたときは盛大にどっしぇーーーーってなった笑。高低差ありすぎ!!そういうバランスが絶妙なんですよね。WESTって。天才かな?!

パラパラ踊ったりホルモン焼いたりなんかこのタイミングでのがっつりバリハピあったりしたけど、そういうの霞むくらいかっこいい、が強かった(なんならバリハピ去年やらなかったのはあまりにもラキセがコテコテ関西しすぎてたのでそういうのこささやかな抵抗で、一年越しにやっとバリハピを受け入れる気持ちになれたのかな…なんてことまで勝手に推し量って仏の気持ちに)。

年末のレコメンで、「3周年のジンクス」の話を淳太くんがしていた。3年ほど経つと、グループが停滞したりうまくいかなくなったりする、というジンクス。このタイミングで、アクセル全開にして、ファンに媚びずに、いまの彼らが思う全力の「かっこいい」に振り切ったのは挑戦だと思う。ツアーの規模的に、たぶんお友達に誘われてとか、チケット余ったからとかいう理由で、フラッと訪れる人もたくさんいると思う。そういうときはもしかしたら24コンのようなWESTらしいコンサートをした方が良いという考えもあるかもしれない。でも彼らがいまやりたかった、見せつけたかったことは、最高にキメッキメの攻めっ攻めの、かっこつけまくった俺らなんだってこと。それをたくさんの人に見せつけたいんだってこと。彼らのその心意気を支持したいと思った。3周年のジンクス。若手の彼らだからこそ、ちょっと振り切れるくらいのことしてみた方がいいんだと思う。

WESTのコンサートはがっつりC&Rもあるしみんなで踊るから、もしかしたらフラッと来たイチゲンさんにはハードル高いかもしれない。でもそれは他のグループもやってきたことだもんな。まずは、ジャニーズWESTが大好きでアルバム聴きこんで予習もしてきたファンと思いっきり楽しめるコンサートをすることで、ファンとWESTのあうんの呼吸をしっかり育てて、ジャニーズWESTというグループのコンサートの土台を作るのが大事なのかもしれない。

 

一曲一曲私的評価はあるけど、それは胸にしまって、これからこのコンサートがどう育っていくか楽しみだな。

ジャニーズWESTのコンサートはとても私好みだし、うちの子たちは天才でーす!

 

2016年総括

年の瀬に怒涛の更新。

まずはこのブログを読んでくださっている皆様、今年も一年ありがとうございました!更新頻度少なすぎますが、ちらっとでも覗いてくださった全ての皆様に感謝いたします。

 

2016年の頭に、私は淳太くんを中心に応援することに決めました。正確には淳太くん担当には去年の5月にはなっていたけど、淳太くんを軸にすることに決めたのは今年からでした。そっからが濃厚すぎて、もっと長く淳太担をやってるような気がするけど、まだ1年も経ってないんですねぇ。

 

今年のトピックスとしてはまずラッキィィィィィィィ7ツアー。今までツアーで遠征しても多くて2箇所、1会場(EXシアター等)に何度も通う、はしたことあったけど、全国あちこち回る、っていうのは初めてでした。大阪の新幹線自由席で一時間並んだり、福岡に一週間前に行くことになり、しかも大寒波で手配した旅程がパーになり余分にお金使ったり(これについてはいつか書けたらいいな…)と、ドタバタではあったけども、すごく濃密で、楽しい時間を過ごすことができました。やっぱり現場に限る。

 

そんなツアーも終わってしまって、もう私の2017年も終わりかー…なんて思っていたら、突如決まったヒルナンデスとレコメンのレギュラー正直、淳太くんはそれまで関西でのお仕事はあるけど、関東ではなかなかなくて、他のメンバーにどんどんお仕事が決まっていって、寂しいなあ…なんて思ってもいたんですよ。そしたら淳太くんがなにわぶ誌で何やら匂わせてきて…。レコメンのレポで淳太くんと照史がレギュラーになると流れてきた日のこと、ヒルナンデスのロケの目情が流れてきた日のこと、忘れられない。このおかげで私の生活はすっかり木曜を中心に流れるように。普通のOLなんで、平日昼間働いて夜帰る生活なんですよ。職場から家も遠いし。だから木曜の夜3時間を費やすって結構な長さを消費するんですよ。でも、生放送で聴けるこの時間を大切にしたくて、できる限りリアタイするようにしています。照史が木曜のこの時間はいつも笑ってるような気がするって言ってたけど、私もそうだなぁ。淳太くんを応援する!と決めた私にとってこの二つのレギュラーはプレゼントみたいなものだったなぁ。

 

そんな淳太くんと照史くん。今年は本当にとにかくばどばどしい1年でしたね。ヒルナンデスにレコメン。一緒に北海道ロケ行ったりディズニー行ったり。少クラでV.I.Pを歌って、bayじゃないかは初めての二人ラジオで、ワクワク学校では二人で釣りして…。雑誌も二人で何誌か載りました。プライベートでは淳太くんが照史の家に行って、照史のお酒を飲み尽くして、淳太くんの帰りのタクシー代を照史が払ってあげて……んー、蜜月。そんなばど二人のベストワード、コンビ部門は「(二人の関係を例えると)オセロ」、淳太部門は「安売りしたくないですあいつとの関係は」、照史部門は「彼女やと思ってた!」に決定ですおめでとうございます。

 

そして個人的にでかかったのがワクワク学校。ぶっちゃけ夏はこの思い出をしばらく引きずりながら生きてたし、24コンなかったらこれがベスト現場部門1位だった。自分では全然チケットが取れなかったのに、周りの方の助けで念願の全ステができて、見届けられたのが本当に幸せでした。感謝しかないです。初日は本当になかなか掴みづらいんだろうな…感を醸し出していた彼らも、回を増すごとに嵐とWESTが打ち解けてきて、東京の最後の方なんてすごい笑いとってて、誇らしかったな。翔くんが初日に、朝生放送出てた中間くん!(正義のミカタに出てた)って言ってくれたことが嬉しくて。見てくれてたんだ…と思って。そしたらその日の打ち上げで、翔くんの方から淳太くんに、話してみたかったって、声かけてくれて。で連絡先交換して、仲良くなって、ご飯にも行けて……!こんな夢のような展開ある??私にとって神様みたいに大切な、大好きな翔くんと。今、心から愛してる淳太くんが、仲良くしてるなんて。担当的な人同士、っていうのが初めてで…。もう本当にワクワク学校にWESTをキャスティングしてくれた事務所と、淳太くんに声かけてくれた翔くんには感謝しかない!ありがとう。これからも仲良くしてね。

 

24コンについては先ほど記事を書いたので割愛するとして…。本当に貴重な場に居合わせることができたなと心から思います。

 

嵐はアリーナツアーに行けなかったことでたぶん、距離に拍車がかかったのかもしれません。ハワイLV含めたら、嵐のファンになってから観れなかったツアーやイベントってなかったんですよ。これが初めて途切れて。奇しくもそれが私が淳太くんとジャニーズWESTに思いっきりハマるタイミングで。アリーナツアーのことは、遠い世界で起きていること…のように感じて、レポも追わなかったので、結局何をやっていたのか今でもよくわからない状態。でもその分、Are You Happy?ツアーには参加できて、変わらない嵐のピースフルな空間がそこにはあって。嵐はいつでも、居心地良い実家のように、部屋をあったかくして、ご馳走作って待ってるよって言ってくれてるようで、その存在が改めてありがたいなぁと思いました。

 

Sexy Zoneに関しては、SNS上でのいろいろがあり、思うところがあって専用のアカウントを削除しまして。その際に声をかけてくださったり、いいねを押してくださった方々がいて、こんな拙いアカウントを惜しんでくださる方がいるんだって…すべてのフォロワー様に本当に感謝しています。

WtoSZツアー、聡マリコン、風磨コンには参加して。親心みたいな気持ちだけど、これからもひっそりと、彼らの大きくなっていく姿を応援していけたらいいなと思います。

 

今年の現場数はWEST14、嵐3、ワクワク学校6、市場三郎2、VBB1、セクゾ1、聡マリ1、風磨1、KAT-TUN1、NEWS1、JUMP1。合計32。去年46だったので、特に後半は意図的に減らしたけど、その分行きたいところに確実に行けました。内容的にとても充実してたので満足です。来年は、自担には惜しまず!他は適度に!をモットーに、自分のバランスをよく考えて、無理はしすぎずいきたいと思います。もう少し減らしたいけど、ちょっとなうぇすとツアーすでにかなり行くので、厳しいかもしれないな笑。

 

2017年も、「今」を楽しく生きていきたいです!来年もよろしくお願いします!良いお年を〜!

ジャニーズWEST 1st ドームLIVE 24から感謝届けます 感想

やっぱり今年のうちに書いておきたい!ということで本当にまとまってないし支離滅裂なふわっとした文章だけど24コンの感想を。ほんとにレポとかなくて、内容も細かく触れない、ただの個人的な感想でしかないです。

 

「初めては一回だけなので、一生忘れないです」

淳太くんがドームコンサート終わりのレコメンで語った言葉。本当にその言葉通りで、これから先、ドームのコンサートを何度も開催できるようなグループに、ジャニーズWESTはきっとなると思っているけど、初めてのドームコンサートは今回しかないから、その歴史の瞬間に立ち会えたこと、彼らを照らすペンライトの一人になれたことに誇りしかないし、私も一生忘れないです。

数ヶ月前にWESTの京セラドームでのコンサートが開催されると聞いてから、チケットを申し込み、旅行の手配をし、ペアルックを考えて、お会いする方へのお土産を用意して、現地で食べるお店を話し合って…この2日間のために費やしたすべての時間も宝物。こんなに特別で、こんなに待ち遠しいコンサートって、現場慣れした私には久々なんじゃないかな?初心に戻れた気もして、そういう部分でも感謝。

 

照史くんが、スタッフさんに、WESTのファンは優しい、メンバー一人一人を愛してくれてる。って言われたと言っていたけど、本当にそう思った。メンバーが喋るごとに、その人のメンバーカラーに染まる会場。自動制御のペンライトではないから、ファンがみんな手動で色を変えてて、そのカチカチ…という音が響いて、笑いが起きて。「すいませんねぇほんとに」「ゆっくりでええよ」って言ってくれるメンバー。ドームという会場で、あんなに綺麗に色を揃えている光景を、私は初めて見たかもしれない。どうしても、悪目立ちしたい人、自担「だけ」しか応援してないから頑なに色を変えない人っているから、会場を綺麗に一色に染め上げるには自動制御じゃないと無理だ…なんて思っていた私をぶん殴りたい。そんなことなくて、ここにこうやって、自主的にできるファンがいるんだよって。一緒に楽しむために、ひとつになるために、協力する姿勢が素晴らしいなって思いました。そんなファンに、温かい言葉をかけてくれるWEST。ファンが優しいからじゃなくて、WESTが優しいから、ファンもそんな風に育つんだよって、メンバーに教えてあげたいな。WESTとファンの、「まごころ」の渡し合いでできているのが、ジャニーズWESTのコンサートなんだなって思いました。最近は受け身になりすぎてたけど、大事なことを、思い出させてくれた気がする。そのあとに行った嵐のコンサートで、メンバーが挨拶するときにカチカチと、メンバーカラーの色に変えたのは、ここだけの話。すっかり忘れていたなぁ。

 

今回のドームコンサートは、自分たちの足でドームを歩くと決めたという彼ら。十字の花道に、外周にも花道が。そして、ドームお馴染みの装置、ムービングステージはなく。ドームではトロッコやムビステを使って移動するのが常套手段なのに、彼らは極力自分らの足を使ってドームを渡り歩いていました。さらにとにかく、踊る踊る踊る。盛り上げ曲もちゃんと振り付けを踊る。でそれ以外はスタトロにいるとき以外歩いたり走ったりで、終始動いてるWEST。普通に考えてすごい運動量…!って思いました。いくら若いとはいえ。体力もつんかいな。もってたからすごい(淳太くんアラサーなのにすごい)。

運動量だけじゃない。構成も、オープニング盛り上げ曲でアゲて、クールなダンスナンバー3曲、関西Jr.時代のコーナー、また盛り上げてからの外周回って、MC、ボクらでしっとりさせてからの現関西Jr.コーナー(25日昼は松竹公演のためカット)、クリスマスメドレー、パラパラからのホルモン、またかっこよくキメて、最後は盛り上げて、でアンコール。すごくないですか?!このギュウギュウに詰まった、濃厚なコンサート。初めてのドームコンサートらしい、肩に力の入りまくったギラギラした熱量の高いコンサートを作ってくれたのが嬉しかった。彼らはそうでなくちゃ。エネルギッシュにこれでもかってくらい叩き込んで、ノックアウトしてほしかったから、本当に満足。よくこんなコンサート作ったね。構成に関しては何にも文句ない。メリハリもしっかりしてて、魅せるところは魅せる、盛り上げるところは盛り上げる。すごくよかったのがはまちゃんのセクサマ。無駄にコントやゲームを入れることで笑いを取るんじゃなくて、ちゃんと歌と踊りに茶番を加えて、関西の彼ららしく笑いを取り入れてきたっていうのが素晴らしかった。これからもそのスタンスでお願いします。(コントやゲームを入れるのが悪いことじゃないんだけど、おたくのテンション的に一回そこで止まっちゃうんだよね。休憩というか。MCみたいなもんで座りたくなっちゃう。音が鳴ってるのと鳴ってないのでは全然違うってことを知った)。

そして関西Jr.時代のコーナー。デビュー後にファンになった私は、きっともう二度と、彼らの昔の曲をこの目で見ることはできないんだろうなって思っていました。それを望むことはわがままなんだって。だから、ドームで、アメフリ→レインボウのイントロが流れた瞬間、グッときすぎてしまった。ばどはやるならV.I.P.だと思ってたからそれも含めて…(もちろんそっちでも良かったんだけど)。なんだかわからないんだけど、私はアメフリレインボウを聴くとあまりに胸がキュウウウッ…となりすぎてしまって、苦しくなってしまうんだけど。たぶん、あの曲の雰囲気と、二人の表情と、それと、あんな名曲を、私の知らないJr.時代に歌っていて、それはもう二度と見れないんだ…という気持ちがあったからで。ジャニーズWESTしか知らない私が、私の知らない淳太くんと照史くんの姿を見るのが、なんだか苦しくて、いただいた過去映像もあまり再生できていなかった。だけど、今回ここでアメフリを観ることができて、そんな私の感情が浄化された気がした。多分私は、見たかったんだと思う。生で、この曲を。こんな自分好みの素敵な曲を、歌っていた姿をリアルタイムで知らなかったから、それがすごく心の中にまとわりついて、怨念のようになっていたけど、生で見ることができて、私の中のばどが、ここでひとつ刻まれて、やっと成仏できたというか…。WESTは昔から応援している方も多いから、たくさんのいろんな方がいて、多様な意見もあって、人それぞれなので、みんな尊重していきたいし、あまり気にしないように生きてはきたけど、それでも新規だって気持ちは(新規から始まった嵐担を経験してるから余計に)あって…やっと、胸の突っ掛かりが少し取れたかな。ジャニーズWEST中間淳太くんのファンですって、堂々と胸張れるかな。

 

初日には、照史くんが泣いてしまって。25日の夜にはのんちゃん、流星、そしてAll My Loveを歌唱しながらはまちゃんや神ちゃんも。私はデビュー後からのファンだから、彼らがここに来るまでの道のりを一緒に見てきたわけではないんだけど。ちびじゅ時代に、ドームの端から、ステージを覗いて、いつかここに立つんかな…と思っていたしげ。デビューするまではこの景色を見ることはないんだろうなと思っていた淳太くん。彼が、諦めずにいてくれたからこそ、こうして彼らを知って、京セラドームにまで足を運ぶことができた。そして彼らにこの景色を見せてあげることができました。あの日の京セラドームは、魔法のように特別な時間が流れていたけど、でも魔法じゃなくて、WESTと私たちで作り上げた現実なんだよね。まさにその瞬間瞬間、気持ちを与えあって、熱い空間を作り上げてるんだよね。WESTとは、本当に密にコミュニケーションを、ダイレクトに取れてる感じがするんだ。もちろん、私たちは所詮ファンで、彼らは私たちひとりひとりの顔と名前を知っているわけではないんだけど。それでも、心は近くに、いつでも寄り添ってくれてるような気がする。「一番近い距離でいよう」って、淳太くんが言ってくれてたけど。彼らは本当に、私たち一人一人に、心を尽くしてくれるなぁって思ってます。だから私たちも、できるだけの愛情を彼らに返してあげたいなぁ。彼らが喜ぶなら、いくらだってあのペンライトの海を見せてあげるよ。そしてWESTが大好きだって、声高に叫び続けるよ。

 

人生で一度しかない、初めてのドームコンサート。実は私にとっても、京セラドームでコンサートを見るのは初めての経験でした(ワクワク学校はあったけど)。初めて、奪われちゃった(はーと)笑。この思い出を、大切に大切に、私の中に閉まって。そして年明けからはさっそく!今の彼らが詰まった!なうぇすとツアーが始まります!!後悔したくない。これからも彼らの「今」を、一緒に歩んでいきたいと思います!!

f:id:konayukia5:20161231162949j:image

 

 

ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy? 感想

まずは嵐のあゆはぴツアーの感想を。

私的オーラスを12/28の東京ドーム公演で無事迎えました。今回の感想、率直に言うと

嵐は楽しい!Happy!以上!

という笑。とにかくシンプルに、ただただ楽しくて、Are You Happy?と問われたらI'm Happy!と答えたい、そんなツアーでした。ここ数年の、コンセプチュアルな、挑戦、技巧、演出…で魅せた、完成された世界観とは違う、いい意味で肩の力の抜けた、適度な緩さがあって、それをドームでやれてしまうのが今の嵐で、ドームだからといって気負わない、この嵐の本来持つ、親しみやすくて身近で、隣にいそうなお兄ちゃん感をそのままドームでお届けできてしまうのは、ドームを完全に掌握した嵐だからこそできる、大人の嗜みと言ってしまっていいのでしょうか。

今回私的初日の東京11/20が、見切れ席だったんですよ。私、見切れ嫌いなんですけど笑、終わった後ね、そんなことまったく気にならないくらい満足度が高くて。もちろん智ソロとか正面から見た方が断然いいのもあるんですけど。左右の縦長のでかいモニターがかなり映してくれてたので(智ソロの踊れてない智も映ってた)、それで助かったのもあるんですが、ここ数年の、演出で魅せるコンサートだったら、ここが見えないのは致命的…!って思ってたかもしれないんですけど、今年はそういうのとはまた違う、あの空気を楽しめるものだったからなのかもしれないなぁと思いました(もちろん演出が素晴らしい過去のコンサートも最高ですよ)。そのためか、今回3回入ったんですけど、なんかもっと入ってるような気になるくらい満足できましたね。

あーあったかいなぁ。居心地いいなぁ。目の前にいる嵐は、LINEグループでワイワイ画像送り合ったり、みんなで楽しくスイーツ食べて女子力上げてみたりする、仲良しなお兄ちゃんたちで。おっきく国を背負うまでになった嵐だけど、なーんにも変わらない、等身大の男の人たちで。気のせいかもしれないけど、この数年のどのコンサートよりも彼らがずっと笑顔で、楽しそうにキャイキャイワチャワチャして、ファンの方を見て嬉しそうに手を振ってて、今本当に楽しんでる!って感じがして。嵐が笑うからみんなも笑って、相乗効果でどんどんこの空間がHappyになる。だから私の感想も、難しいことこねくり回すことなく、単純に楽しかった!だけが強烈に残って、すっきり帰れるコンサートだったのかもなって思いました。そういやコンサート帰りの疲れもあんまりないかも。足取りが軽かった。気持ちが上がったまま帰って、次の日もそのままのテンションでいられたのかな。

以下印象的だった内容について箇条書きで軽く。

・オープニング映像がまず最の高。リハーサル風景(おふざけあり)を流すってなにそれおたくに優しすぎる。もっとどんどんそうやっておたくに媚びてくれ。私は全力で美味しくいただく。二宮氏がギター弾きながら「それが〜相葉雅紀〜♫」とか歌ってて安定…。と思ったのと、いきなり厳しくなる松本さんと、翔くんがドラマの撮影重なってリハーサルの時間が取れないと語っててそのあとにメンバーが張り紙で翔くんにメッセージを残してあげてるところにグッときた。

・翔くんの最初の挨拶の煽りはいつもかっこよくて、最高にイイ顔してる。大好き。ソロはかわいくて爽やかで、そのあとTo my homiesにつながるのがいいなと思いました。

・DRIVE神演出か。潤くんが考案ってWSで言ってたけどさすが。車型の外周スタトロで5人がドライブ風に回ってて、翔くんがハンディカメラでそれぞれを撮影してて。平和。東京12/28で相葉さんがニノに膝枕したり、名古屋12/17ではソロのこと考えてぼーっとした大野さんがただただカラオケにきたおっちゃんのように手拍子してたり。そのあとのStep and Goで翔くんがラップのときに智、ニノ、相葉さんの真似を一人一人やって、で潤くんが向けるカメラに向かってラップして、最後潤くんと二人でノリノリになるっていう…翔潤よき…ごちそうさまです…

・智ソロ前のアルバム買ってない人聞くくだりは、そのあとのこれが嵐です!覚えて帰ってください→待て待て!大野がいない!って流れにつなげるためのネタだと思ってるんだけど違いますか。

・智ソロはアートだって言ってたけど、まさに大野智の世界観だなって思いました。ふざけてるんだけど、超絶技巧的っていう。完璧なパントマイム、神技ステップ。なのに扉の開け方を毎度変えてきたり、モニターに映る増える智の中に一人だけ踊れない子を入れてみたり(ジャニーズJr.に一人はそういう子いたよね…っていうコンセプトらしい)。智ソロはあのレベルまで到達するんだなと思いました。

・そんな智ソロからTWO TO TANGOにつながるんだからもう。高低差激しすぎるわぁ!

・MCがもうほんと嵐。ニノがひたすら言うお料理エンターテイメント気になりすぎる。確か東京11/20でセンステからメインステに戻るときに誰もマイク通して話さず、30も過ぎるとこうだから!みたいに言ってて、大人の余裕…!と思った。12/28の紅白のくだりで優勝旗を相葉さんから奪おうとする大野さんにそれはダメだよ!をひとりギャンギャンいう二宮さんさすが強火…と思ったね。

・Baby Blueはね、泣きそうになっちゃった。潤くんがお世話になった蜷川さんや勘三郎さんとのツーショット。そして新しい命と一緒に映る写真。空を見上げるような潤くん。潤くんは今、この歌を生で歌いたかったんだなぁと思ってグッときた。そのあとのMiles Awayの5人のハーモニーも素敵でした。

・ニノソロは、これはもう、私が二宮担だったらもうここで死んでもいいな、と思えるくらいだろうな、ここで命を終えても何も惜しくないわ…って思いました。まさに絶品。

・相葉ソロからの青春ブギ。これを見て、本当にこの紅白司会男は、今一番ノリに乗っている男だな、脂乗ってるねぇ〜!!と思いました。自己プロデュース力の高さ、振り切りの良さ、周りを巻き込む力、そしてそれをエネルギーに変え、爆発させる力。こんなところまでいけるんだねぇ人ってやつは…(しみじみ)。ちょっと今誰も追いつけないよねこの人には、と思いました。

・アンコールに五里霧中を持ってきてくれた。大好きな曲。血が湧き上がるような感覚、嵐で久々に味わったかも。歳を重ねても、嵐にはまだまだ青さが似合う。

 

12/28のラストで、潤くんが嵐にはHappyになれる曲が多いって言ってたけど、本当にそう思う。彼らからもらうエネルギーで明日も頑張れる。笑顔をたくさんくれた嵐に今年も感謝です!

Sexy Zone 楽曲大賞に投票しました

待ってましたSexy Zone楽曲大賞!!絶対やりたかったやつ!!投票してきました。今回投票するにあたって、セクゾンちゃんはユニ曲やソロ曲も同時投票だったんですが、いちおうSexy Zone名義の楽曲に絞りました。他にも選びたかった曲やユニ曲ソロ曲についても書きますね。

 

1位「4 Seasons」

私この曲がなかったらたぶんSexy Zoneのファンになってないと思うんすよ。「突然の雨に濡れた春」って歌詞がありますけど、まさにSexy Zoneという雨が突然降ってきてびっしょびしょに濡らされた当時の私…。この曲の歌詞がすごく私の心境とリンクして、Sexy Zoneがおいでおいでしてる…呼ばれてる…これが担降ろしソングか…って思ってました(結局担降りはせず掛け持ちを選んだんですが)。「こんなもんじゃないよもっともっと 輝けるはずさ」この歌詞の強さを信じてきました。ふまけんメインボーカルの布陣も強い。

2位「Silver Moon」

当時10代だった多感な時期の彼らの、立ち止まって踏ん張ったり涙を堪えたりしながらも前を向いていく等身大の青春らしい自分応援ソング。これは聴いているファンというよりSexy Zone本人たちの背中をそっと押してくれるような曲なんじゃないかな…なんて。歌詞がイナ戦の丈弥さん!さすがです!「誰だってそうだよ 遠回り空回り 間違って強くなっていく夜空見上げたら」って歌詞がすごく好きだなぁ。セクチャンダブルダッチ回で使われてて涙を誘ったなぁ…。もしSexy Zoneのドーム公演が叶ってそこでこの曲やられたらヤバイなぁ号泣だなぁ…。

3位「We Gotta Go」

4 Seasonsで好きになったとしたら、WGGはちょうど、Sexy Zoneにハマっていくその最中に流れていた曲。この前向きで高揚感のある曲が、私のSexy Zoneへの想いが増大していく過程にぴったりで、今でもこの曲を聴くとあのときの新しい世界を知っていく、ドキドキワクワクした気持ちを思い出します。セクチャンの初期のテーマでもあったんだ。あの楽しい気持ちも思い出すなぁ。とにかく未来は明るい!としか信じられなかったし、今もこの曲聴くとそう思う。Sexy Zoneの未来は明るい。

4位「Hey you!」

今では信じられないですがセクパワ内唯一の5人の新録曲だったんですよ、それがこの三浦徳子大先生の、設定としては10代…高校生くらい?のカップルの恋愛模様を歌った、大して深い意味もないアッパーチューンで、なんかそれに救われたんですよね。トンチキはぶつかっちゃうよの方が強いですが、このノーテンキさがSexy Zoneらしくて、あーSexy Zone変わらないなぁ…って、それがこの時期にはすごくよかった。横アリでのセクゾンツムツムも見ちゃったし、思い出深い1曲です。

5位「Power of Run」

KQJのカップリングとして収録されて、当時のインタビューで聡マリもレコーディングしたっぽかったのに、蓋を開けてみたら3人で…セクセカと、その年のたまアリ神戸の夏コンの各会場ラストで確か歌われて。この曲の歌詞が、まさに、その後の、体制変更からの5人での再出発のストーリーをなぞっているようで。「ひとつふたつ光る疑問の刃 全て蹴散らしてやれ 俺たちの意志で」「押したら倒れてしまう 単純なコマにならないで 分厚い歴史の中も 本当の自分で戦い抜け」「本気の情熱 過去は燃やさない 俺たちの未来で生きる 輝いた夢を目指せ」WtoSZコンでこの曲を5人で歌っている姿を見て、今この瞬間が何よりの宝物だなと思いました。

 

私が投票した曲は以上です!あー5曲は少ない!コングラはWtoSZ初日のレポ見ただけで電車で泣いたし、イフワナは当時10代の彼らに歌わせたことが天才&少クラのパフォーマンスが好きすぎたし、ハイピーも少クラのマトリョーシカゾーンちゃんたちがかわいすぎだし、ミルキーウェイの2番のサビのふうまくんの歌が好きすぎるし、With youとかイジカムとかKnock×3とかLove Confusionも好き…改めて良曲多いな、と思いました。ヒトメボレも好きよ。この曲踊る松島くんは至高だ。

 

〜番外編〜

今回は個人的にSexy Zone名義の曲に絞って選びましたが、ユニ曲やソロ曲でも好きなのあるんで、番外編であげさせていただきます。

・「トラフィックジャム」Sexy Boyz/Sexy 松

初解禁が確かQrzoneで、イントロのギターからもう好き!!ってなったの覚えてる。大切な聡マリちゃんの曲がすごーく自分好みの曲でほんとに嬉しかったし、この曲にこの年はかなり救われた。聡マリは都会的でオシャレ。セクパワコンでの6人の、手に持ったライトを車のライト?に見立てた演出もすごく好きだったなぁ。あと私はセク松が好きだったし今でも好きだし、セク松にはかなり救われたので。私が見たかった聡ちゃんはあの頃セク松が見せてくれた。松松の二人をなかなか見る機会がなくなっちゃったけど今でも影ながら応援しています。

・「But…」菊池風磨

ていうかふうまくんのソロ曲は全部好きなんですけど←、ふうまくんのソロの音楽性が好みなんですけども。But…はWtoSZコンサートの演出がすごく好きで、でそのあと少クラでなんかいきなり雷が落ちて、それから取り憑かれたように観て聴いてた。私がジャニーズJr.になれるならこの曲をバックでカッコつけて踊りたい。風磨コンも例に漏れずよかった。あとWait for youよかったな…あの曲をあんなパリピウェイ曲に…←

・「Teleportation」中島健人

これはもう、割とイントロから衝撃的だったというか。ケンティのソロだとCANDYの方がいろいろ威力ある感じしますけど、私はこの曲に脳天突かれたような感じでしたね。「I'm in Tokyo now〜」のところの歌い方もすごく好きだった。サマリーの白シャツで歌い踊る健人くんもすごくかっこ良いし。遠く離れた彼女に今すぐテレポーテーションして会いに行く…という切ない歌詞を10代の健人くんが歌うからさらにリアリティがあってよかった。

・「Hachidori」佐藤勝利

どうしても発言や歌詞を深読みしてしまいたくなっていたこの時期に勝利くんの言葉で書かれた歌詞。どんな意味が込められていたのか、それは勝利くんの心の中にしか本当の答えはありませんが、この、優しく温かい歌詞に希望を抱いた人も多かったと思います。5色のハチドリ柄のスーツの衣装も本当に勝利くんらしくてよかったですよね。二十歳を迎えた勝利くんが、Sexy Zoneでたくさんやりたいことができる世界でありますように、そう願ってやまないです。

 

 

24色じゅんじゅん☆〜淳太くんお誕生日おめでとう〜

淳太くん29歳のお誕生日おめでとうございます!!

去年の今頃は大阪マラソン直前で、関西でちちんぷいぷいのレギュラーが始まった頃。それから1年で、グループとして初CM、年末には京セラドーム公演、個人で全国放送のヒルナンデスのレギュラー、そしてレコメンパーソナリティと、あの頃には想像していなかった活躍ぶりを見せてくれてる淳太くん。ハットグランプリも現時点で、亀梨くんと潤くんに続き3位!去年は圏外だったのに、強豪をおさえてこの順位につくなんてすごいことです!ひとつひとつ叶えていってるね。

さてさて、誕生日のお祝いといたしまして、最近淳太くんがよく言ってる「24色じゅんじゅん」(おそらくドームの24にかけてる…?)になぞらえて、28歳の24色じゅんじゅんを、自分の備忘録も兼ねてまとめてみようと思います☆

f:id:konayukia5:20161019203224j:image

1色目:大阪マラソン

濵神とともに出場した大阪マラソン。4時間切れなければメンバー全員で罰ゲームという試練が課せられた中、モテたい。というモチベーションで走るあたりとても淳太くんらしかった。3時間半切れるかも?という期待もありましたが、当日足を痛め、結果は4時間超えと惜しくもチャレンジ成功ならず…。情けない。と男泣きしていた淳太くん。そんなことないよ、完走したその姿がかっこよかったんだよ…。ところで、超過酷な罰ゲームどうした…??

2色目:粉モンクエスト/ご当地モンクエスト

粉クエはりゅかみと、ご当地モンはきりこたと組んでまわりました。貴重な運転シーンやすっぴん、寝言いう淳太くんを放送してくれたABCさん感謝…。粉クエでは見事いなほ焼きに辿り着き優勝、ご褒美で北海道ロケへ。ご当地モンのときに照史の圧倒的知名度に悔しいな…という思いをひっそり滲ませたのもこの頃。そんな淳太くんが好きだよ。

3色目:ジャニーズカウントダウン

生中継前のライブ、トップバッターで出てきたWEST。ジパング→粉もんときて、バクステでパフォーマンスしたのはPARTY MANIACS。いい意味でジャニーズWESTのイメージを裏切りまくるこの曲をドームに轟かせた彼らを見て、このグループに信頼しかない…と思ったのでした。ドーム単独の尻尾、このときに掴んだよ。バク転するかと見せかけてできへん!ってネタをして笑わせてくれた淳太くんでした。

4色目:ラッキィィィィィィィ7ツアー

1月〜4月まで続いた初のアリーナツアー。淳太くんは今回も構成を担当。スロットが揃ってコインになって出てくるオープニングは今思い出してもワクワクする。淳太くんは挨拶で黄色ジャスミンが一番可愛いって言ったりお前らは俺たちのオンナだ!って言ったりときめかせてくれました…。MCでしげはあんなだけどかわいいとこもあるって淳太母にバラされたことを暴露されたりハードゲイになったりしてたな…。宮城初日でファンサもらったんだよな…(はーと)

5色目:モンキィィィィィィィ7

ラキセツアー内企画。元々は25公演中20回成功でファンミの予定だったのに、新潟で失敗して、最終的に未収録楽曲の音源化、ということになったんですよね。音源化の話、新潟の公演中に失敗がわかったあとに淳太くんが咄嗟に言ったんだよな…。失敗した場合は罰ゲーム。淳子ちゃん現れたり、ばどの壁ドンがあったりしました。

6色目:TAMER様

淳太くんのソロ音源化初。作詞も淳太くん、猛獣使いをテーマにしたなかなかにどSな歌詞。ほんとにこのパフォーマンス、世界観からメンバーの出現のタイミングから何から最っ高すぎるのでとにかくDVD出るから観て。有無を言わさず観て。淳太くんまじ才能のかたまり。まず導入の映像からギャン!ってなるからね。毎回同じなのに新鮮にギャン!ってなってたから私。

7色目:ゼウス

2015年に引き続き参加したんだけど、なんだか事前の雑誌等の情報見る限りあんまり…と思ったらやっぱり…悲しいことに…ナレーションベース(号泣)。アーチェリー、リハーサルでは成功してたらしいけど、本番でできなくちゃ意味ないよね…。爪跡残さなきゃ映らないんだな、ということを思い知った番組。マグロ食べるのいやらしく見せつけたあたり(超序盤)がピークだった…。

8色目:奥さん芸(ヒルナンデス)

2016年春から木曜ヒルナンデスのメンバーとして照史と二人で出演しています!このロケの目情がちょうどラキセの新潟の次の日に上がって、すごくソワソワしたな…。はじめは、隔週で出るのか…と残念に思っていたけど、今となってはレコメンも含め、一人ずつだから良い気がする。ばど二人一緒だとたぶんお互いにフォローしあってしまうけど、一人だと鍛えられてる感すごいある。二人とも良いところを木曜レギュラーの皆さんやレコメンでは村上くんに引き出してもらっていてとても良いです。奥さん芸は、主婦の味方を豪語する淳太くんが茶の間の奥さんに呼びかけるというネタなんですが、いきなり言い出した時は何が起こった…?と思ったものです笑。今では板についた?奥さん芸、だだすべりするところまで含めて最高に好き。笑 気合い入ると巻くバンダナも好きよ笑。

9色目:サーティワンCM

グループ初のCM!サーティワンなんてン年ぶりでしたけど通いましたよ〜!淳太くんはロッキーロード(R)とナッツトゥユーをよく推してた印象。ラブポーションもあったか。CM解禁の日に、唐突にアイスの被り物して出てきたWESTには度肝を抜かれたね。淳太くんは自分でお店に行ってサーティワンを注文したけど、マスクにサングラスかなんかで変装して行ったのに、お店の人に「ナッツトゥユーは?」って聞かれたと(バレバレ)。しかも、事前に夜なら空いてる店舗をリサーチして行ったのに、注文して待っている間に女性の集団が来て、冷や汗かいた…と…。頼んだのはロッキーロード(R)とマスクメロン。流星担…??

10色目:東京だよ おっ母さん(ヒルナンデス)

淳太くんが嬉しそうに、初めてもらった自分のコーナーと語っていた、東京だよおっ母さん友近おっ母さんと東京にしかないグルメを巡っています。この二人の掛け合いが癒される。ほんとに親子みたいって他担のお友達も言ってた。友近さんも淳太くんのこと頭の回転が速いって褒めてたよ。このコーナーにかける気持ちは強いようで、(頼んでもないのに)わざわざうんちく調べてきたり、いきなりクイズを始めたり(麺が伸びる)、東京タワーとスカイツリーのポーズを考えてきたりしている。友近おっ母さんに無茶ぶりされることも多々。

11色目:逆転Winner

4/20発売。MVはストーリーver.とダンスver.がありました。この黒の衣装がスタイル良すぎてかっこいいんだよなぁ淳太くん。この頃の音楽番組出演時の髪型もめっちゃ好きだった。Mステでも座ってトークさせてもらって、照史の8代目どすエピと、のんちゃんへのツッコミを華麗にキメてた誇らしき自担。ストーリーver.の応援団の、黒髪のヅラが現地の人にしか見えないという…。アニメ逆転裁判の主題歌として流れました。

12色目:エージェントWEST!

妄想族→粉クエ→ご当地モン→と番組を変え、現在(一旦終了したもののリニューアルして)最長で続いているドヨルシリーズのエージェントWEST!。淳太くんは自転車で吊り橋渡ったり豚を調教したり人形を恐れたり一億円を探したりしている。正直はじめは危険すぎることも多かったのでヒヤヒヤしたけど、最近はそんなこともあまりなく、純粋に番組として楽しいので全国で放送してください。

13色目:野球大会

なんと、当日に現場にいた。出演は知らされなかった。私はもちろん参加していなかったので、正直かなり荒れましたね…。淳太くんは自称ジャニーズ1運動が苦手なので、ホワイトチームのベンチリポートしたり実況席にいたりしたらしいです。「大丈夫です、僕は試合に出ませんよ」みたいなこと言ってドームを笑わせたとか。裕翔くんにインタビューする淳太くんの見た目が女子アナみたいなんだけど。

14色目:ジャニ勉 3タック

ジャニ勉の3タックコーナーをWEST持ち回りで。淳太くんはいろんなメンバーと一緒にロケしたけど、どの人ともやりやすいって言っててさすがだな、と思いました。エントリーナンバーのところでWESTくんたちがお茶目なことするのはばどから始まったよね…?本人たちの提案なのだろうか。大阪に行った時に、ロケ地いくつか回ったのも良い思い出だ〜。

15色目:嵐のワクワク学校

WESTが助手で参加したワクワク学校。淳太くんは相葉さんの授業の助手で、体幹の授業をやりました。雑巾掛けレースの仕切りはさすがだったなぁ。というか、初日の時点で淳太くんは落ち着き払ってると私たちの間で話題に。翔くんの授業の月役に、いきなり初日に当てられて、「生放送頑張ってた中間くん」なんて翔くんに言われたもんだから私は…。ばどの釣りや、ジャムおじさん、淳太担の女の子と画面越しにハイタッチ〜ってしてたら照史に「やめとけ!俺の淳太や〜!」と言われたこと、潤くんに当ててもらうためのはまじゅんアピールタイム…もうほんとに幸せな6公演で、今でも引きずってるてか、現時点で今年の現場部門1位かもしれない← ワクワクきっかけで淳太くんが翔くんと関わり持てたし。食事会で翔くんの方から隣に来て、ずっと話したかったと言ってくれたんだよ…?!赤飯を炊いてくれ!と要求されたけど、炊くのは無理なのでおにぎり買ったよね…。その数ヶ月後翔くんと二人でご飯に行き、考え方が似てる…と思ったらしい淳太くん…ちょっとそれは私が死ぬやつ。

16色目:リトルトーキョーライフ

写メグルメで英語力を発揮して通訳してた淳太くんかっこよすぎた。でも最近はガテンばっかだな…と思ったら今週は違う。キレキャラをやったことが原因で病んだよね…。どうしてもぷいぷいとコンセプトは違うけどやることが似てきてしまうので比較してしまうよね…ギャップがね…。せっかくの関東の地上波レギュラーなんだからもう少し番組スタッフさんには頑張って欲しいです。

17色目:人生は素晴らしい

7/27発売。この曲をパフォーマンスする淳太くんが…かわいすぎる。デ○ズニーかな?って思うくらい。中間淳太のために作られたといっても過言ではない。衣装がオールインワンにバンダナ柄に白Tで、牧場…とか言われたけどかわいいよ(激甘)。乃木坂とぶつかって初動2位だったのが悔しい…。MVは三浦の海岸でバーベキュー!和気あいあいとしたWESTくんたちが見れます。

18色目:シルエット

モンキィ7の企画の未収録楽曲音源化で1位になったこの曲。関西Jr.時代から歌われてきて、メンバーにもファンにも思い入れのある曲なので、いろいろ話題になりましたが、メンバーがこの曲に素敵な姿勢で向き合ってくれたおかげで、皆前向きな気持ちになれたのではないでしょうか。2番の歌詞や歌割は、関西Jr.時代からついてくれたスタッフさんが今の彼らに合うように考えてくれたそうです。淳太くんの衣装は普段はあまりこんな格好しないけど、してみたいなーって感じの、だそうです。確かにこんなゆるじゅんイメージにない笑。どちらかというと流星の服装に近いような…?

19色目:ちちんぷいぷい

約1年、レギュラーを続けてきました。ぷいぷいメンバーとも良い雰囲気を作れているようですね。人生は素晴らしいのMステ出演時にはメンバー全員で東京から中継もしました。その日に放送されたガラス細工の映像を見てのんちゃんが淳太くんを尊敬していました。苦手な虫を触ったり、ラテアートがうまくいかなかったり…でも不器用なりに頑張って、最後には「腕が良い」と言われる淳太くん。真面目な彼だからこそそう思っていただけるんでしょうね。

20色目:スイカ割り

春と秋に放送された日テレ系大型特番にヒルナンデス代表として照史とともに出演させていただけるようになりました。淳太くんはイッテQコーナーのスイカ割りに挑戦。春のときは最年長なのでのんちゃんの仇をうつと豪語しながら12個くらいしか割れず、女子がいる…猫みたい…と言われたあげく「ジャニーズ1運動オンチでした」アピールをしましたが、なんと秋はゴリラが降りてきて笑、決勝に進みました…。どうしたの。決勝ではパパゴリラとママゴリラ(山口くんと吉田沙保里さん)に及ばず玉砕。秋は実験コーナーにも出させていただいて…ほんとおいしくしてくださりありがたい…。

21色目:レコメン!

春から新パーソナリティとして照史と隔週でレギュラー持たせてもらえるようになりました!まじで最高ですよね、3時間も生の声が聴けるんですよ?!幸せしかない。何とか毎週欠かさずリアタイできています。ていうか木曜は予定入れないからな笑。村上くんに番組冒頭でガチ相談したり、恋人テストでひとりだけ全問正解者がいて喜んだり、生放送でいろいろ起こります笑。村上くんとの関係もよりフランクになったように思いますし、のりさんとも仲良くなってる笑(じゅんちゃんって呼ばれてる)。ずっと続いて欲しいお仕事です。

22色目:正義のミカタ

不在もアリなんだなこの番組。録画放送のときはいない場合もある。朝早くから元気な顔を見せてくれて癒されます(うち映らないけど)。相変わらずに真面目に取り組んでいてしっかり勉強しているので、宮崎さんからしょっちゅうお褒めの言葉をいただく笑。こないだは、中間くんちょっと痩せた…?とか言われたらしい…もうファンやんそれ。

23色目:ファンクラブ発足

ジャニーズWESTのファンクラブができたよー!!!7月末に受付開始して、2ヶ月ちょっとで10万人超えてるとか…ジャニーズWEST売れてる気しかしない!!淳太くんは余裕のあるときに入ってね、と優しく言ってくれました。メンバーみんな嬉しそうに報告してくれてハッピーだったなぁ。Thank youカードもめっちゃ嬉しかった!

24色目:アラジン(ヒルナンデス)

ディズニーハロウィン特集でアラジンに扮した淳太くん。似合いすぎて、キャストの方にも本物みたい…!と言われたとか。アラジンコスを選んだのも意図がありそうで…!ことあるごとに「ジャスミン」ってワードを言ってて、これも意図的だろーと思いました(はーと)。ディズニー詳しい淳太くん、いろいろ教えてくれました〜!何より本人が本当に楽しそうだったな。

 

28歳の淳太くんはたくさんの幸せを私たちジャスミンにくれ、毎日楽しませてくれました。29歳の淳太くんはどんな景色を私たちにみせてくれるのでしょうか。20代最後の年。30代への弾みになるよう、毎日が輝かしく、実りある1年となりますように。愛してるよー!

感謝の気持ちを忘れない、ファンの人のこと好きでいたいと言ってくれた淳太くん。ありがとう。淳太担は世界一幸せです。