Hedonism

※個人の主観です

So what? Yolo! 感想

今年も、TDCで行われたSummer Paradise 2017 聡マリ公演「So what? Yolo!」に参加してきました。(風磨くんの「風 is I?」も行ったのですがそれはまた機会があれば…。)
毎日流れてくるレポで聡マリちゃんのほんわかかわいいMCを読んでたので楽しみにしていたのですがまさかの私が入った唯一の8/20昼公演に二階堂くんが来て爆弾落としていくという(笑)。いや、でも、この回に入れてよかったです。

STAGEコンのときに心の突っかかりみたいのが取れてもう大丈夫だ!晴れ晴れとした!だからこれからはただただ楽しくハッピーにセクゾちゃんを見れる!!とか言ってたくせに聡マリちゃんの二人の頑張りを見てまた気持ちがこみ上げてぐわーーーっとなって泣く…みたいなポイントが今回も随所にありました…。いつまでこんななんだ私は…。

まず聡マリちゃんの二人の、テーマに沿った世界観の作り方が天才的で抜群にセンスがいいと思っていて。風磨くんのコンサートにもテーマがあるんですけど彼の場合小説を1ページずつめくっていくような構成になっているように感じたのですが、対して聡マリちゃんは絵本をモチーフにしたステージで、本当に1歩会場に踏み入れると、映像にあった、聡ちゃんが描いたという絵コンテの森の世界が飛び出してきたように見えました。なんだろ、視覚的に広がるんですよね、世界が。二人が絵本のキャラクターのように可愛いからなのかなぁ…。あの若さでよくこんな素晴らしいステージ作れるよなぁ…スーパーバイザーいる?!って思ったけど、二人で焼き肉→マリウス宅→焼肉に行って作ったって言ってたから正真正銘二人で作ったんだよなぁ…二人の才能が恐ろしや。

聡マリの「GAME」

前半のハイライトと言えるのが聡マリ二人の「GAME」だと思うんですが、いかがでしょう…。私は、聡マリの二人が、今このタイミングで、お互いを「ライバル」と言うのに、グッときてしまったんですよね。
まず、聡マリって、二人でいろいろ乗り越えてきたじゃないですか。二人はバチバチ切磋琢磨し合うというよりは、二人で辛いときは助け合って支え合って、寄り添い合いながら一緒に進んできたような。だから私は二人にあまりライバルって感じを抱いてなくて、どちらかというとニコイチセットで見てたんです。それに、聡マリの二人って割と、個々では戦うフィールドが違うようにも思っていて。マリちゃんはワールドワイドに、アカデミックな分野で海外に行ったり、海外ドラマに出たり。それにミュージカル系の舞台のオーラを纏っていて。聡ちゃんはバラエティでアイドルらしからぬパンスト芸とか積極的にやって。でも雰囲気は爆モテ女たらし系のかっこよさ、クールさも持ち合わせているので。持っている武器が違うので、お互いのフィールドを干渉し合わないバランスの良さもあると思ってて、なおさらライバル、という見方をしていなかったんですけど。でも二人はここで今回、お互いを対等に指して、「ライバル」って宣言したんですよね。普段バチバチしてない甘々コンビだからこそ、でも根底では目の前にいる相手を「ライバル」と認めて、負けないぞ!って気持ちでいる、ってのが、も~~~!たまらん!!!って思いましたね。(ちょっとそういうところにはばどみも感じたんですかね。私。)シンメって…良いなぁ…。

新たなマリウスの一面

今回のマリソロ、山下くんの「ONE GIRL」と新曲「Deja-vu」で、新たなマリを見た…!と思いました。こんなマリ見たことない…!って息を飲んだ。マリちゃん独特の、宝塚イズムだったりアメリカのブロードウェイぽさだったり(どちらも観たことないから勝手に言ってる)、どこか歴史的な、格式高い雰囲気が他のメンバーにはない持ち味だと思っていて、マリちゃんはソロで存分にそういうパフォーマンスを見せてほしいと思っていたんだけど、とりわけ今回のこの2曲は違った。「ONE GIRL」はエレクトロってやつ?音楽のことよくわからないけどまぁ打ち込み系の曲で、打ち込み系って今とても流行っていて、こういう現代の最先端なイメージの曲をやるマリちゃんがとても新鮮だった。そして「Deja-vu」は、あれ、ジャスティンビーバーかな…?これ一流外タレのライブかな…?って思うくらいキマッてた…!これが17歳の、少し大人になって男らしさをほのかに纏った、少年と青年の間にあるマリウスくんの絶妙な色気か…と。マリちゃんにはほんとにいろんな可能性があるんだなって思ってその姿をみることができたのがとてもうれしかったです。

大正解の聡ちゃんソロ

マリちゃんからは新たな一面を見れたと思ったら、聡ちゃんはこんなに自分の魅せ方をよくわかっている人っているんだな…!っていう。聡ちゃんにとって2曲目のソロ「Mermaid」がこれまた松島聡ソロとして大正解だった!こう来たか!という。「Break out ms shell」が1曲目の聡ソロとして大正解だと思ったけど2曲目がこれっていうのがまたまた大正解!!聡ちゃんって音楽性的には、風磨くん寄りの、オシャレEDMとか合うなと思っているんだけど、風磨くんがもっとウェッティなのに対して、聡ちゃんはさわやかEDMでも、かわいらしさとカラッとした晴れやかさがよく似合う!Sexy Zoneってほんとにそれぞれの持ち味が被らなくて最高のバランスだね!
そして選曲が神だった。KAGUYA~Hurry Up!の和の色気。愁いを帯びた聡ちゃんの表情が美少女すぎ。そしてGhost…!Sexy Zoneの曲をソロでやる、しかもそれがGhostっていうのが天才だった…!聡ちゃんを見てるとほんとに歌って踊ることが大好きなんだなってことが伝わってくる。よく動く聡ちゃんの体は水を得た魚のようにステージの上を跳ね、全身でパフォーマンスできる喜びを見せてくれる。改めてこの子はアイドルが天職なんだなと思いました。

「聡マリコン」で感じた「Sexy Zone5人」

私は聡マリコンに行ったのに、まさかそこでSexy Zone5人をこんなに感じるなんて思わなかった。knock×3~風を切って。ステージ上に、聡マリちゃんと、赤、青、紫の布を衣装に取り入れたちびジュが現れて、モニターに、過去の、Sexy Zone5人でこの曲をパフォーマンスしたときの映像が流れて。あ、Sexy Zoneだ…!!ああ、今、二人は、健人くん、風磨くん、勝利くんと一緒にパフォーマンスしてるんだ…!って瞬時に理解して、もうグッと来すぎてしまいました。
その後に、トラフィックジャム~雨だって~ドンセク~この手をつなごうの、二人でパフォーマンスしてきた曲をやって。そう、これが二人の歴史。二人がどの曲も、どの瞬間も大切にして、そうして今があるんだ…!と思ったらもうたまらんでしたよね。涙の洪水。二人がこのステージに一緒に立てることについて感謝をたくさん述べていたけど、それは本当にもう、二人が頑張ってきたから、それ以外にないんですよね。こちらこそ二人にありがとうだよね。
イフワナ~の流れのところとかで特に感じたんだけど、デビュー初期に、これがSexy Zoneです!って提示されたものって、割とグループの軸になっているような気がしていて(デビュー曲がどのグループもずっと代表曲として大事に歌われていくことからも)。もちろんそこからいろいろな色を派生させて見せていくのがグループの成長だとは思うんだけど、Sexy Zoneのコンセプトって割とあの初期の神々しさにあるんじゃないかって。だからあのパフォーマンスを見て、聡マリちゃんはその、初期のコンセプトに近いものを提示してきたので、聡マリちゃんこそが「Sexy Zone」を体現できる人なのではと思った。勝利くんという支柱がいて、前線で戦う健人くんがいて、スパイスを加える風磨くんがいて、聡マリが、Sexy ZoneSexy Zoneたらしめる。だから5人いないとSexy Zoneは成立しないわけで、物凄く絶妙なバランスの5人が揃ってるっていうのが素晴らしい。Sexy Zoneは奇跡の5人☆

8/20昼公演のMCについて

キスマイの二階堂くんが来て、質問コーナーで「Sexy Zoneの格差はなくなったんですか?」ってぶっこんできた。会場悲鳴。ニカちゃんの名誉のために言うとたぶんニカちゃん的にはそこまで深く考えてのことではないのだと思う…。笑いにつなげようという意図もあったのかもしれない…(キスマイは3:4あるよ?ってオチを言ってたし)。ただSexy Zoneの場合だいぶ根が深いからな…。
でもそこで、マリちゃんが「自信持って言います、ないです!」って言い切って。聡ちゃん「これは捉え方なんですけど、一人でやったりマリウスとやったり5人でやったりしてそこで成長できたので、その経験がなかったら今ここに立ってないかもしれない」マリ「そこで一番成長できたと思う」って。それ聞いちゃったもんだから俺、泣いちゃったわい。
STAGEコンのブログで、もう突っかかりも取れたから大丈夫!みたいなこと書いたくせに、現場に入るたびに、いつまでもしめっぽくなるのほんと良くないと思ってるし、今楽しく応援してるセクゾ担さんに、こんな亡霊ババァ(しかも他担)が申し訳ないから早くそんな自分を卒業したい…という気持ちなんですが…。ごまかしてもしょうがないので正直に白状すると、私は逃げた人だったわけです。*1私のセクゾ担人生は約1年半前に逃げたまま止まっているので、たぶんずっと今まで応援して、またはそれよりもあとにセクゾのファンになって今の素晴らしいセクゾを毎日見てる、今のセクゾ担さんと同じようには「楽しい」を更新できていなくて。あのままセクゾを変わらず見てたら絶対に今は楽しくて仕方ないはず、だって彼らはこの2年弱でいっぱい「楽しい」を更新してきてくれたから、きっともうそういうモヤモヤなんか忘れるくらいの日々だったと思う。今のSexy Zoneって絶対楽しいしかないから、(この単語書きたくもないけど)格差とか、そんなこともう思い出さなくていいし、今Sexy Zoneが好きな人はそんなこと知らなくていいと思ってる。今の楽しいSexy Zoneをどんどん愛していってほしいと思う。でも今回不意打ちとはいえこんなMCになってしまって、まさかそんな話が繰り出されるとは思いもしなかったもんだから、私の中の亡霊が呼び出されてしまった…。二人が力強く、もうないですって言い切ってくれて、これを直接聞けて良かった。二人は、あの頃のこと、絶対にマイナスに言わないよね。自虐にもしないし。当時どんな気持ちだったか…本当のところはわからないよ。STAGEコンオーラスで、それまでずっと涙を見せてこなかった二人があれ以来、初めて泣いたってレポも読んだし…。でも、二人は私たちにはあの頃の経験を絶対にプラスだったって言ってくれる。私たちの気持ちを、明るくしてくれるんです。本当に強くて立派で尊い人たちだなと思います。

もう~~いつまで経っても結局そこにとらわれちゃう自分が嫌!よくない!今のSexy Zoneに害でしかない!!もっとカラッと楽しみたい!!!ので、とにかく、私の中の亡霊…マイゴースト…を、成仏させるには、東京ドームで…コンサートを…やる姿を拝むしか……(祈)。しつこいけど何度も言う。見たいです。待ってます。

マリコンを観て、5人が観たくなった。Sexy Zoneの5人のコンサートを観たくなった。あの曲やあの曲を今度は5人でやる姿や、新しい曲でこんな一面もあるんだ…!って新鮮な驚きを感じたくなった。サマパラって、5人それぞれが自分のコンサートを作っていますよね。ということは、Sexy Zoneって5人全員がコンサートを作る力を持ってるってことなんですよね。ほかのグループだと誰か代表者としてコンサート作成係がいる場合も多いけど、Sexy Zoneは5人全員がその役割を担える。事実昨年のツアーは勝利くん、今年は風磨くんが構成に携わったんですよね確か?ということは、来年は健人くんかもしれないし、聡ちゃんやマリちゃんが作る年もあるかもしれない。そう考えるとすごくワクワクする。ああ、次の5人のコンサートが楽しみです。チケット当たりますように

私も聡マリちゃんは変わらずまるっと好きなので、こんな私だけど、リープリンって名乗ってもいいですかね。聡マリ最高!!観れてよかったです。聡マリちゃん、これからも大好きです。

f:id:konayukia5:20170820214952j:plain

*1:もちろんその前に、今の自担と自ユニを好きになりすぎて…というのもあるんですけど、割と直接のきっかけは今でもよく覚えていて、Colorful Eyesで5人になったあとの次のアルバムで、聡マリちゃんのソロ曲がなく2人の曲だったことに界隈がざわついて、それで逃げたわけです。逃げたのは、ソロがなかったからではありません。せっかくこれからセクゾが良い方向になっていきそうだったのに、まだざわつくんだ…それだったら今楽しくしてくれる、WESTがいいって、ちょうどその日は確か、ラッキィィィィィィィ7ツアー横アリ公演の日で、その情報を見たのが新横浜からの帰りの電車で…。そこで踏ん張れなかったのは私です。どう考えても私が悪い。

広告を非表示にする

なうぇすとツアー総括。なうからうぃるへ。

燃え尽きたーーー!!!!!!

1/3から始まったなうぇすとツアーが5/7の広島公演をもって終了しました。昨年の京セラドームコンサートを経て、今の彼らが見せられるもの、やりたいこと、魅せたいもの…ジャニーズWESTの「NOW」を詰め込んだツアー。
1月~5月の5か月間9か所31公演という長い長いツアーで、会場も北海道東北関東北陸東海関西中国九州と、日本全国満遍なく回らせてもらい、すごくバランスもよく、非常に恵まれたツアーだったなと思います。*1
ジャニーズWESTとしては初めての土地、北海道、福井、静岡を回れたことも彼らにとって大きなことだったのではないでしょうか。

前半までは総括を書いたので割愛して、後半の総括なのですが、正直、言葉に表せない。だってシンプルに、ジャニーズWESTのコンサートが「超…イイ」んだもん。
後半は前半と違って各会場ごとに少し期間が空くツアーだったので、前半の立て続けの勢いそのままの雰囲気とはちがい、いい感じにツアーが熟成してきて、より深い味わいを楽しめる、そんなコンサートになっていたように思います。元々ツアーの内容という素材自体が良いのに、それにたくさんの味付けが加わっていってよりおいしい、みたいな。それは淳太くんの奥さん芸しかり、神ちゃんのたこ焼きしかり、ホルモンのときのはまかみのテンションとかとか。毎度毎度今日はどんな風に楽しませてくれるんだろう?っていう期待が随所にあって、だからWESTのコンサートは毎回新鮮。ただパフォーマンスがいい、演出がいいだけじゃなくて、そのときそのときに生まれる予想もつかないいい意味でのハプニングという見どころもあって何度でもお代わりしたくなる。それはきっとJr.時代から毎日毎日公演を重ねるという尋常じゃない場数を重ねてきたからこその貫録なんだろうけど。まさにその日1日1回しかない「NOW」のライブ感を、WESTと一緒に体感できる時間だったなと。彼らのNOWのパッションをダイレクトに感じられました。

長い長いツアーで、オーラスの前日の打ち上げではのんちゃんが「終わりたくない…」って泣いてしまったと言っていたけど、そのオーラス自体は、いい意味で変なエモさもなく、すっきりカラッと終われたと思っています。それがまた良かった。やり切った!完全燃焼!!って。終わってしまった寂しさももちろんあるしロスだけど、今は次への期待しかないです。

ジャニーズWESTのコンサートは、日常の中にある感じが私はしているんです。今まで嵐のコンサート等では、夢のような、非日常空間を体験する、という感覚があったんだけど、今回のツアーは、毎日の暮らしの中で、今日はなうぇすとの日って予定がスケジュールにしっかり書き込まれていて、その日のために毎日お仕事頑張って体調管理もしっかりして。それは彼らが、ファンの人はお金を払って時間を使って自分たちを観に来てくれているという感覚をしっかり持っていて、それに感謝してくれているからなんだろうなって思います。上から目線じゃないんだよね。ラグジュアリーな非日常空間ではないけれど、その分心の距離が近く、コンサートに入ったら彼らのことを友達のように錯覚してしまうような心のこもったおもてなしで迎え入れてくれる。だから何度も心と心が通ったなと思う瞬間がある。そのコミュニケーションの密さが私が好きです。

中間担なので淳太くんに関して言うと毎度毎度ツアーの構成を考えてる彼はほんとに天才の一言なんだけど(真顔)、本番中の彼は常に一定なのがほんとに好きだなって思う。ブレがないんですよ。いい意味でテンションが変わらない。会場の盛り上がりやその日の体調とかもあるだろうに、淳太くんは本当に常にいつもの淳太くんで居続けていて、それって結構大変なことだと思うんだけど、ちゃんとできてる淳太くんってかっこいいなぁと心底思います。毎回面白い奥さん芸を考えてきてくれて、アカンLOVEのアカーン!のところも笑わせてくれて、無鉄砲ボーイは毎回キュンキュンさせてくれて…。いろいろ考えて努力もしてくれてるのにそれを見せないのが素晴らしいなって思います。そしていつも冷静に、落ち着いて周りを見ている。俯瞰で見れる人って絶対必要なので淳太くんの存在は本当にデカイと思う。
コンサートに限らずなんですけど最近の淳太くんて、ゆらぎみたいのがなくなって、どっしり構えてるように見えるんですよね。わからないけど影でいろいろ悩むこともあるかもしれないし思うようにいかないこともあるのかもしれないけど、それをファンに見せないですよね。30代を目の前にして、大人の余裕が出てきたのかな。WESTの安定感は淳太くんが作ってくれている部分も大きいと思います。

ジャニーズWESTはこのツアー中に3周年を迎えました。去年の年末に京セラドームコンサートを成功させ、この長い長いツアーの中でまた何倍も成長しました。淳太くんも「また会えるうぃる」って言ってたように、WESTの「Will」に期待しかないし、次の「Will」を楽しみに待ちたいと思います!

まずは24コンのDVD、そして来月にはニューシングル。楽しみが続くね!
CD売れますように!!次またジャニーズWESTに会える機会が少しでも増えるように、みんな買おうな!!!!!!!

*1:大阪城ホールだけは、ちょっと公演数少なすぎでは?と思いましたが…京セラがあったからなのか

Sexy Zone STAGE ツアー 感想。一区切り。

久々に彼らのことを書こうと思う。

衝動で書いてるから嫌な気持ちにさせたらごめんなさい。

Sexy Zone 「STAGE」ツアー行ってきました。(5/5夜)

最高だった。

私は、Sexy Zoneを担降りしてから、Sexy Zoneには、降りたことを後悔させてほしいと思っていました。

後悔しました。心底悔しかったです。

今、セクゾ担としてこのコンサートを観たかった。私がSexy Zoneで観たかったコンサートはこういうのだったから。

いろいろ思い出しました。
ケンティ担だった頃のこととか。セクファミ期間のこととか。セクパワのコンサートのこと。聡ちゃんがセク松で突然EXのガムシャラに出た日のこと。カラフルeyesのポスター写真を見た日。サマステの2年間と翌年のサマパラ。去年のツアー。
短くはあったけどすごく濃くいろいろ心を動かされた担当期間だったから、いろいろ思い出して涙が出たこともあったけど、最終的にHAPPYな気持ちで終われた。幸せしかない空間だなって思った。

まずはじめのSexy Zoneコールの大きさ。そして客電落ちる前からカウントダウンが始まって、周りが立ち始めるその熱気。
ソロのたびに、各メンバーの挨拶のたびにメンバーカラーに色が変わるペンライト。
私センター席にいたんですけど、アンコールでメンバーがスタトロに向かうと、センター席にいるファンみんな、スタンドの方向いて、双眼鏡で一周追うんですよ。メインステのJr.くんを見てるより圧倒的にスタンド席への視線の方が多かった。
横アリは2年前のセクパワぶり。2年前とは明らかに違って、今はこんなに、Sexy Zoneのことを好きな人ばかりが会場を埋めて‪いるんだなぁって。
Sexy Zoneのコンサートの雰囲気がいい意味で変わったなって思った。

そしてメンバー。
なんかもうすごく「グループ」!!
特にケンティを見てて感じたんだけど、ケンティはどこか「個」のイメージがあったけど、こんなに、グループの中にいる人なんだな…!って。グループの中にいるのがとても似合う人。
どこか、Sexy Zoneを先頭で引っ張り、その幹を1人で太くしているイメージがあったけど、今は、赤青紫緑オレンジの5本の柱が同じ太さで均等に立ってるように見えた。

あとダンス!
これもさー少クラ見てても思ったけどいい意味で意識変わったと思うんだよね?
揃ってないなーみたいなことも思わないし、誰かが目立っちゃうみたいなこともなく、ちゃんと5人のまとまったパフォーマンスを見れたんだよね。こんな風になってほしかったから嬉しかったなー。

ファースト泣きポイントはダンケシェンだなーやっぱり歌詞に泣かされる。てかマリちゃんかっこよすぎて。お顔もそうだしスタイルも。優雅なダンスも。お歌もめちゃめちゃよくて。何度もペンライトオレンジに変えたよね。

テレポはすごくケンティに心動かされた曲だったから、ケンティから目を離せなかった。青いペンライトの海をブルーオーシャンと言うセンスが最高に好きだわ。ケンティの表情が柔らかくて、すごく好きな、私が好きだった顔だった。

風磨くんのrougeは直接的エロでそこは笑ってしまったけど←、やっぱり彼が考えたコンサートってことで彼のセンスには絶大な信頼おけるなー。It's going downも最高だったし(聡ちゃんめっちゃかっこよかった)やっぱり私はふまソロが一番好きだ。近くで見たらめちゃめちゃかっこよかったし←

勝利くんが本当に幸せそうに笑っていて、ご利益ありそうなんて言われてたけどほんとに勝利くんの笑顔ってすごく安心感があるなって。あんなに無邪気に楽しそうに、くだらないことも言って笑ってる勝利くんのことは何が何でも守りたくなるよね。

聡ちゃんはさー。
聡ちゃんのソロが始まって、横浜アリーナが、真緑に染まってさ。
聡ちゃんにこの景色を見せてあげられたことじゃなくて、私がこの景色を見れたことがすごく嬉しかったなー。
今日の挨拶で、「みんなの笑顔を見てたら、がんばろって思えたし、実際頑張れちゃったし」なんて笑顔で言うんだもん。聡ちゃんが頑張ったからだよなーって。聡ちゃんが見せてくれたんだよこの景色をって。
あの、2015年1月25日ですよ、忘れもしない笑。突然ガムシャラ!J's partyにセク松で出ることになって。私はその日翔くんの誕生日会の幹事だったのに、それを中抜けして1公演だけだけど、駆けつけたんですよEXシアターに。セクセカの色の変わる、緑のペンライトを持って。そのあとのジャニーズwebのブログで、緑に染まった会場を見て嬉しかったって書いてたよね。それから2年経って、あんなに広い会場を真緑に染めるようになって、そこで堂々と歌い踊る聡ちゃんを見て、君のことを讃えたいと思いました。でも欲は消えない。次はドームのド天井からあの景色を見たい。

あーSexy Zoneいいグループだなーって思いながら観てて、で本編最後の「STAGE」に
ねぇ…離れて 気づけた ぬくもりも 胸に それぞれの 道へ歩んだ あなた いつかまた 出逢うなら 僕らの描く”頂上”で 誰かの夢に…
って歌詞があって、それ見てびっくりして、これ呼ばれてる…わい呼ばれてるわ…?と思いまして…
赤い薔薇に誓うってファンに歌わしたあとに赤い薔薇持ってデビュー曲歌って「時代を創ろう Sexy Zone」なんて歌っちゃうんですからね!!!!!
今のSexy Zoneとこの熱いセクガルちゃんたちなら絶対Sexy時代作るなーって思ったんですよね。
悔しかったです。私もセクゾ担としてこのコンサートを観れたなら。めっちゃいいグループだし。大好きな子たちだし。これから期待しかないし。キラキラした楽しい未来が待ってるの分かりきってるし。
今日まさにセクゾに落ちた子に会ったんですけど笑、すごく眩しくて、新鮮な気持ちでこれから彼らと一緒に歩んでいけるのが羨ましかった。
でもさーだからと言ってじゃー出戻るみたいな話ではないからさ…。
今の自担と自ユニが大好きで、そこはもう揺るがないところまで来てしまったから。

だから、「また出逢うなら”頂上”で」

よっしゃ!東京ドームで逢おうな!
みんな!楽しみにしてるよっ!!!!!

つって手を振ってきました。

良かったです。
楽しい思いも苦しい思いもたくさんしたグループで、手のかかる息子たちみたいな気持ちで、そんな保護者目線だったけど、めちゃめちゃ心を突き動かされ、濃厚な担当期間を過ごした子たちだったから、こんなにHAPPYな5周年の5人のコンサートを、「5月5日に」観ることができて、心の中にあった突っ掛かりみたいのも取れました。
担降りしたといってもちゃんと宣言せずにフェードアウトみたいな形になってしまったし、彼らのことはやっぱりどこか気にかけていたんだけど、もうそういうのも取れて、晴れて他担として、なんの曇りもなく変な義務感みたいのもなく、セクゾンちゃん良き!!ワーーイ\(^o^)/みたいな気持ちでこれからは見られそうです。

このツアーは私のセクゾ担としての区切りみたいなもんでもあったかな。

Sexy Zoneのみんな!精一杯の、今までありがとう!!
また会おうね!!!!!

f:id:konayukia5:20170506011511j:plain

ジャニーズWESTデビュー3周年おめでとう

ジャニーズWESTデビュー3周年おめでとう~~!!!!!!!

とりたててこれを書きたい!ということがあるわけではないんですけど笑、おめでたい!いうことでブログ書いてます。

3年目のWESTは、個人でも映画、ドラマ、舞台、バラエティ、ラジオ、雑誌…とメンバー全員が多方面に活躍し、グループではレギュラー番組に加え嵐のワクワク学校、そして年末の京セラドーム公演、年明けからの5ヶ月間9箇所31公演にも及ぶなうぇすとツアーと、非常に充実した1年を過ごすことができました。
そしてこれからNetflixのドラマ、照史の舞台、そしておそらく発売されるであろう新曲…ツアーが終わっても楽しみが続く、次の未来を見させてくれる、そんなWESTを応援しているのが何よりも楽しい。まじでストレスフリー。

2017年の目標に「知名度を上げる」を掲げていたWEST。確かに知名度に関してはまだまだな部分もあると思う。でも淳太くんがヒルナンデスの奥さん芸で芸能人の方に「テレビで見るやつ~!」と言われるようになってめちゃめちゃ嬉しかったというように、じわりじわりではあるけど着実に顔と名前が知られてきているんじゃないかな?って思う。

私は約2年前に、なんかWEST楽しそうだしー?淳太くんかっこいいしー?ってノリと勢いでジャスミンになることに決めたけど、その頃はもっと他に応援してるグループがあったから、ほんとにそんな本気じゃなく笑、軽いノリでしかなかったし、ここまでハマると正直思ってなかった。それがこんなにまでズブズブになったんだからWEST沼はおそろしや。
だからちょっと気になってるなーってくらいの人にはぜひ思い切って飛び込んでみてほしい。楽しさとHAPPY度は保証する!正直今おたく人生で一番楽しいよ!YOUもジャスミンになっちゃいなよ!

いろいろWESTに期待したいことはあるけど、4年目のWESTに具体的に、てことでいうとまずはやっぱり東京ドームに立つ彼らを観たい。単独ライブで。メンバーが3大ドームという話を口々にしているけど実現してほしい。
それと短くてもどんなに深夜でもいいからメンバー全員の毎週放送するキー局の番組がほしいなぁ…。希望としてはエージェントWESTが好きだからテレビ朝日でも放送するようになることなんだけど。テレ朝さん買ってください…!毎週観ますんで…!

淳太担としては割と今満たされてはいるけど、個人で何かバラエティのレギュラーほしいなぁ。バラエティの淳太くんは本当に面白いし向いてると思うので。いい仕事しますよ!

とにかく彼らの仕事ぶりには信頼しかないので、どんなお仕事もいただけるのであれば楽しみにしていきたいと思います!

どんどん大きくなっていくことに期待しかないけど、メンバーが言っている、「隣の兄ちゃん」みたいな親しみやすさが好きで。
それはコンサートでの距離感やファンに向けた発言、ラジオなどでのトーク。そして当たり前のように感じてるけど実は大変なんじゃないかって思うwebのなにわぶ誌をメンバー全員が毎週更新してくれること。地味なことかもしれないけどそういう地道な積み重ねって大切だと思うんだ。毎週自分の言葉でファンに向けてメッセージをくれる。筆まめじゃない子もいるだろうに。私だって毎週ブログ書けって言われても無理だもん。でもそれをやり続けてくれる彼らは本当にファン想いだし、なんだか友達のように身近に感じられる理由かなって。ファンのこともメンバーだと思ってくれて、ファンと一緒にいろんな景色見ようって言ってくれる彼らが大好きです。

Unlimitedが大好きなんですけど。今のWESTの歌詞そのままだなって。

そう僕らは数え切れないほどの
夢をBackgroundに より輝いていく
見上げれば ハッキリと見えるだろう
一緒に行こう Just believe my dream

4年目も人生は素晴らしい!って思えるようなキラキラした景色を見せてね!一緒に行こう!

NETSUAI について真剣に考えてみた件。

※これは、まだ事実かどうかもわからない、本人からの発表もなにもない状態で勝手に感想をかいているだけの駄文です。しかもすごい長文。不快に思われたらすみません。

今まで他Gはもちろんのこと同Gの他メンに関してもお口チャックしてきた(はず)なんだけどとうとう私にも出る幕が…。今回ばかりはどうしよー書こうかなー書かないべきかなー静観したほうがいいのかと迷った。でも自分の気持ちを残しとく上でも書いておこう。なかなかこんな機会ないんだから。

私がお慕い申し上げているSくんの熱愛報道がありました。お相手は某局アナウンサー、お家柄も良く才色兼備で、某報道番組のキャスターを務めてらっしゃる、と。事務所も局も「親しい友人の一人」と答えている、と。

このことに関して私自分でもこんなにかーってくらいけっこうなダメージを受けているんですけど。なぜなのか。

今までないことはなかった。ボヤみたいな噂。わざわざお相手の方が彼のレギュラー番組に出演して彼自身がその場で否定したこともある。以前某週刊誌の記者が友人にいるという方から、彼はめちゃくちゃガードが固くて、プライベートを探るのが難しいという話を聞いたことがある。それだけ鉄壁の守りを固めてスキャンダルが出ないよう注意してきた彼が、今回は週刊誌にひっつかれて、あらゆる現場を押さえられて、あげく2ショット写真を撮られている。これは油断なのか。久しぶりのランデブーだから?はて。果たしてそんなことなのだろうか。あまりにも緩すぎないか。これはもしかしたら油断なんかじゃないんじゃないか。今までとは違う。何かが違う。

彼はニュース番組のキャスターを10年やっていて、最初は若者代表としての姿を通して世の中にニュースを発信していたように思うけど、年齢を重ねるごとにいつまでもその立ち位置にいるわけにはいかなくなり、最近は社会情勢に詳しくないごくごく普通の我々一般人のような人間全体にわかりやすくニュースを伝達する人、というような立場にいるように感じる。彼の年齢的に、今後は家族を持つ人として、子を持つ親としての立場を手に入れていくほうがより一般の人と感覚が近くなり説得力が増すし、いずれはそういう風になっていくんじゃないかなって心のどこかでは思ってた。

お相手の方は誰も文句言わないだろうってくらいこの上なく彼に相応しい方で、正直この人しかいないんじゃないかって思ってしまう。私がアイドルのファンをする上で危惧しているのはこういったことで幻滅させられることで、女性選びの点でまで彼はファンをがっかりさせることはないんだなぁ…と感嘆を上げてしまったのは事実。私の愛した人はオンナ選びまで完璧だぞドヤァ!って気持ちでなんか誇らしくさえある。(何度も言うが確定したわけではない)

小さい頃にジャニーズにキャッキャわいた時期はカウントしないとして、私が一番はじめに、ジャニヲタとして好きになった人が彼で、私は彼を見て、彼の教育に叩き込まれてジャニヲタとしてのスタンスを培ってきたので、私にとっての基準は彼なわけで。だからそんな人がこんなところまで裏切らないとしたら、本当にどこまで信用できる人なんだろう。なんか改めて彼でよかった。と思う。

ではなぜ今回はこんなにグサグサきているのか。

いろいろあるんだけどまずやはり何より写真があるのがデカイ。彼に関しては今までそんなことなかったから慣れていない。あんっなにガード固かったのにどうしちゃったんだよ~ま~じ~か~よ~(泣)っていう気持ち。ついでに今までそんなことなかったのに今回いろいろ追撃取材されてて週刊誌やネットニュースの餌食にされてんのもつらい。
違うの、デートすることやお泊まりすることが嫌なんじゃないの。今までボヤみたいな噂があっても、証拠となりそうなものが出てこなかったから、なんとなくやり過ごせてたの。でも今回は信憑性が高くて、彼のいちファンとして本人の幸せは願うけれども、異性のアイドルに恋焦がれる、私の中のオンナの気持ちが複雑…っていう。

それに彼の場合。前述した通り家は要塞だなんて言われるほどめちゃめちゃガードを固めてスキャンダルを遠ざけて、恋愛ネタの話が振られたらうまーくスルーして、あげく「結婚はリスク」とまでのたまって。そんなに気をつけてきた人が今回に関してはボロボロ出てきてる。なんか逆にこれ…。あの人はものすごく賢いから、これは「あえて」なんじゃないかって勘ぐってしまう。だって今までものすごく気を遣って丁寧にクリーンなイメージを築き上げてきたんだよ。それは彼の「プロ意識」であり、「ファンを想う心」だと思っていて。塩対応だとかどS帝王だとか言われてきたけど、そうやって恋愛関係を匂わせないことって、どんなファンサよりもあたたかいファンへの気遣いであり優しさだと思わない?今までそうやってファンを嫌な気持ちにさせてこなかったって、最高のファンサービスだよ。そこまで注意してきた人なんだから、ファンの反応はもちろんのことこういうことに関しての外からの見え方というのはすごく気にしているはず。油断にしては詰めが甘すぎる。なんかもー、いざというときのダメージを極力和らげられるように少しずつ少しずつ小出しにしてるような気がしちゃう(全部想像ですが)。
それに人選。お相手とされる方は彼のお相手として完璧すぎるので、ますますその先の未来が、透けて見えてしまう。この件に関していろんな人の発言を見たけど、「交際」はいいけど「結婚」となると話は別、という人が一定数いた。アイドルの人となりが好きで、彼の仕事ぶりを尊敬していて、彼のパフォーマンスに心動かされる、というのは大前提だけど、やっぱり異性アイドルを応援するって、少なからず疑似恋愛の対象として見ているところもある人が多いんじゃないかなって思う。異性だから「かっこいい」と思ってときめくしドキドキする。恋する乙女のように。もちろんアイドルを異性というより人として好きで人生の先輩のように思っている/息子を見守るような気持ちで見ている、からむしろ早く結婚してほしいっていう人もいると思う。考え方捉え方は人それぞれだからどうか意見が違う人を見かけてもその相手を否定することはしないようにしような!で私はというとアイドルに恋人なんていて当たり前だし裏で誰と付き合ってたっていい、見えなければ。良い仕事をしててくれれば。と頭では思ってるけど心は恋する乙女なので、熱愛はまだ許容範囲だけど、この、うっすら透けて見える「結婚」にダメージを受けているようです…。だって結婚て、一人の女性と契約を結ぶわけで。それを選ばないアイドルもたーくさんいるわけで…。アイドルだからってその幸せを選ばないという犠牲を払う必要は絶対ないけど、いざ私の好きな人がってなると、私の恋する乙女の部分が………勝手に失恋のような気持ちに………っていう。

あー私は熱愛とか結婚とかでファン辞めるみたいなタイプじゃないと思ってたんだけどなー。今回の件で自分の感情がよーーくわかった。結婚はだーいぶキツイ。いやまだ結婚するって決まったわけじゃないですけど?!やめてもらえます?!って言って叩かないでくださいね??!!つーか、私、淳太くんに担降りしたって言ってるくせに、こんなにまだ当事者意識があるんだなー。だからこんな長文書こうってなるし。

2014年の某雑誌で、「今日現在、俺をいいなと思ってくれる人がいるならば、一人も欠けないように頑張りますよ」って語った言葉がずっと忘れられなくて。担降りしたって言っても、私の中で特別だと思う気持ちはずっとあるんだけど、とりあえず今は割としんどい…という。グループのことはとりあえず、最高のパフォーマンスを届けてくれるエンターテインメント集団として見ていこうと思います…。

以上のことにより、よかったねおめでとう、という気持ちには今はまだならない。ただ!私は彼に今までたっっっっっくさん幸せにしてもらったんだから、彼がいろんなものを犠牲にして今まで私たちファンを幸せにしてきた分、彼にはめっちゃめちゃ幸せになってくれなきゃ困るぜベイべー!!!!!とは思っている。それは本当に思っているのである。だからけっこんするならこの人しかいないし別れるなよ?!Oさんけっこんしてあげてください!って思ってもいる(←上から)

グダグダ書いたけど全部語尾に「って知らんけど。」ってつけてますいちおう。いやほんと知らんけど?!?!別に何が決まったわけでもないしな?!?!

お目汚し失礼しました。すみませんでした。

つかね、こんなにしょさんがハードル上げちゃったもんだから心配なのは淳太くんだよね、こうなったらもうミトちゃんくらいしか認められないよ?!←
くれぐれも!変なオンナには捕まらないように!!(とばっちり)

なうぇすと前半雑感

いろいろありますが!まずは!楽しい話を書きまーす。

 

なうぇすと前半戦終了。普通の正社員なので入れない公演もあったけど横浜、福井、福岡、宮城、名古屋とコンサート観てきました。
ちょっとこの生活すっごい楽しいな?!?!
正直チケット取った時点では、3週連続遠征って体力的に大丈夫…?私若くないよ…?て若干現場鬱になりかけたんですけど、始まってしまえば全然、コンサートがあるから逆に体調に気を配るし、今週乗り切ればまた観れる…!というモチベーションでやってこれたので、心身ともにとても健康でした(笑)。

横アリ初日2日目と入って、2日あけてラスト2公演のその間でもう、コンサートがどんどん良くなっていっていることを感じたし、それから地方回って回数重ねるごとにブラッシュアップされていって、やってる内容は同じだけどもう体感として横アリと名古屋では全然別物のように思えた。
メンバーもたぶん、このコンサートのここをこう盛り上げる、ここをキメる、挨拶はこうする、MCはこのくらい話せる、ここで煽る、というコツを掴んだのか、横アリで少しモヤモヤしていた部分も改善されてよかった。

横浜福井、どちらもとても楽しく盛り上がったコンサートを重ねての福岡。メンバーが去年の開演前の合唱の話をいろんなところでしていたが、今年も同じように会場のファンが歌って、メンバーが喜んでいた。福岡はとにかくレスポンスもでかく、めちゃめちゃ盛り上がるので、どんどんメンバーもご機嫌になっていくのがわかった。それによって、福岡に参加していない人たちから「福岡ばっかり」というような声も上がっていたらしい。
しかしそれを経ての宮城が、これまたすごく盛り上がった。福岡に対抗して、というのはあまりいいことだとは思わないんだけど、開演前の合唱が起こって、メンバーが「聞こえてたでー!」って喜んで。コンサートのノリもめちゃめちゃ良くて、声が良く出ていて、メンバーがとにかく嬉しそうだった。そしてさらにそのあとの名古屋がまたまたすごく盛り上がった。はまちゃんも言ってたけど、回を重ねるごとに、昨日を超えていく。福岡だから、大阪だから、じゃない。会場じゃない、地域じゃない。その日そこにいるジャニーズWESTと関西Jr.とファンが、どれだけやれるか、なんだ。「盛り上がれんのかー?俺ら次第やー!」ってことだ。メンバーが煽るから、ファンも応えようと盛り上がる。それを見てメンバーも喜ぶから笑顔になる。ファンは嬉しくてもっと盛り上がる。そういった相乗効果でどんどんボルテージが上がっていく。ジャニーズWESTのライブは、その心と心の受け渡し合いが美しいなと思う。一方的ではなく、ちゃんと発信してちゃんと応えるというコミュニケーションがWESTとファンとでできている。相思相愛の関係だなぁとつくづく思う。

その最たる瞬間が名古屋ラストのホルモンで、前日に神ちゃんが歌いながら通路に出て、流星がセンステ付近まで出てきて、のんちゃんもセンステまでダッシュというレポを見ていたら、その日ははまちゃんソロの前の部分で、はまこたがズンズンズンズンセンステへと歩みを進め始め、えっちょっと待てやばいんじゃないの?!って顔をしながらも止まらない二人を追いかけてばどしげがついてきて、そっからはまちゃんソロ~大サビまで(スタンバイではけたりゅかみを除く)全員センステで歌うという前代未聞のことが起こった。アンコールの時に照明さんごめんなさいみたいなことを言ってたからあれは変更点ではなくて勝手にやったことなんだと思う(笑)。
メインステからセンステへ歩いて前へ出ていくという行為がそのまま彼らのそのときの熱いパッションを表してるように感じた。気持ちがどんどん前のめりになる感じ、あらかじめ決められたことを破って制止を振り切って歩みを進めたくなるその衝動。それがそのままファンとの心の距離が近づき交わった瞬間であるように思えて。そのカタルシスを得られる場が現場で、だから私はコンサートが好きだ。

前半でコンサートの出来がここまで良いものになっちゃってるんだから、後半どこまでいっちゃうんだ?!勢い止まることなく突き進んでくれー!後半も楽しみにしてます!

妄想の時間だよ! #ランキングdeWEST やってみた

おもしろいタグを発見したので便乗〜!
#ランキングdeWEST

f:id:konayukia5:20170219194039j:image

No.1ホストになりそうなのは?→淳太くん
メンバーにはいろいろ下手そうとかモテないとか散々言われてるけど笑、あの黄色ジャスミンを手のひらで転がす感じ、疑似恋愛マスターは淳太くんだと思ってるからね!友達みたいにフランクに接してくれて、悩み相談も親身になって聞いてくれるし誕生日とか個人的なことはもちろんのこと気になる彼の話とか会社のムカつく上司の名前とか全部覚えててくれて、私はただの客じゃなくて、淳太の特別な存在なんだ…って錯覚してめっちゃ金つぎ込みそう…って金つぎ込む点はジャニヲタの自分とあんまり変わりないな??散々のめり込ませて淳太には私がいないと…とか思い込ませて、裏では札束数えてほくそ笑んでてほしい

 

後輩にするなら?→しげ
学生でも会社でもどっちでも良いんだけど、会社の後輩の重岡くんは真面目でよく働いて、律儀なので上司ウケもよく、社内の女子からはイケメンで仕事もできる子って噂になってて、頼めば何でもやってくれるので同じ部署の私は頼っちゃってるんだけど、仕事を一緒にしたり飲み会で話したりしてるうちに仲良くなって、しげちゃんは数いる女の先輩の中で私にだけ敬語使わなくなってさ〜!なんかやたら構ってくるんだよ〜!え〜私のこと好きなの〜?とか思いた〜い!!

 

悩みを相談するなら?→流星くん
ラジオとかMCとか聞いてても流星くんは人の話を絶対に否定しないし、一度受け入れてフォローした上でポジティブな解釈をしてくれるな〜って思って!夏恋に「萩花は夏恋に意地悪してるんじゃなくて、自分がしてきた失敗を夏恋にはしてほしくないから厳しくするんだよ」ってふうな言ったという話を聞いたときに悩み相談するなら流星くんしかいないって確信したよね〜!女子って解決策を見つけたいわけじゃなかったり的確なアドバイスを求めてなかったりするじゃないですか〜?そういうのわかってそう。

デートするなら?→のんちゃん
もうさ、のんちゃんがデートしてくれるならデート代全部出すよね。むしろ出させてくれ!出すからデートしてくれ!!っていう。レンタル彼氏か(笑)あんなイケメンを連れ回したいよね。年下のんちゃんは私の連れてくとこ食べさすものすべてに「わ〜!すご〜い!」って目をキラキラさせながら感動してくれるの。内心金ヅルだと思ってくれてていいよ。のんちゃんの笑顔見てるだけで私は満足だから…。ディズニーでキャラクターの帽子被ってはしゃいだりポカポカの公園でピクニックしたり横浜デートで夜景見たりほっこりするようなデートをのんちゃんとした〜い!!

 

無人島にいっしょに行くなら?→照史くん
照史くんアウトドア好きだし、なんか野生の勘がはたらいてどんな状況になっても切り抜けられそうな感ある(笑)。まずサバイバルの知識がありそうだし、なくても何かしらひらめきそう。なんか木とか石とかいろんなもの拾ってきて即席で道具作るし、食べ物に関してもこれは食べられる!これはダメ!っていうのわかりそう(笑)蟻食ってたしな。でも無人島に取り残されてしばらく経った後にふと人里恋しくなって、これからどうなっちゃうのかな…って不安になって急にメソメソしだす照史くんを私はヨシヨシしてあげたい。最終的に立派なイカダ作って脱出(笑)

 

彼氏にするなら?→淳太くん
淳太くんと付き合いた〜い(泣)デート代全部出してくれそうだし(そこかよ) 浮気しなそうだし、絶対彼女のこと大事にしてくれるや〜ん?私は淳太くんに甘えられたい。仕事で疲れてる淳太くんをデロデロ〜に甘やかしてあげたい。ベタなこと好きそうだから、行ってきますのチューとか、おしゃれなバーで甘いこと囁いたり、観覧車に乗って頂上でキスしたり…ベタなこと、私もした〜い!サプライズも好きそうだし。じゅんじゅんとキュンキュンした〜い!淳太くんと付き合ったら、なんだか前向きに生きられそうな気がするんだよね。精神的にもいい影響与えてくれそう。

 

ひと夏の恋をするなら?→はまちゃん
はまちゃんとはアブナイ恋をしたい。夏の海で出会って名前も知らない彼とワンナイトラブ、でもいいんだけど、元々知り合い設定もいい。会社の研修で同期の濵田くんとふたりで一緒に一ヶ月間地方都市に異動になるんだけど、濵田くんには同じ社内に彼女がいて、私はその彼女と仲良くて…。だから何もないと思ってたのに、彼女の友達って知っててワルイ男ハマダは手を出してくるんだよ…背徳感にまみれながら一ヶ月過ごして、戻ったら何事もなかったように関係は切れて、私はしばらく引きずるんだ…(不幸オーラ半端ない)

 

結婚するなら?→流星くん

ここで淳太くんじゃないんか〜い!って話ですけども、そりゃ淳太くんと結婚したいけど、私ほんとーにだらしなくて、淳太くんは潔癖すぎるので、たぶんうまくいかなくて離婚しそう…生活習慣合わなすぎて。性格は絶対淳太くんだし大好きだから私がまともな人間だったら迷わず淳太くんなんだけどな〜(泣)流星くんは私と同じB型。細かすぎなそうだし、私の個を尊重してくれそうだし、ある程度放任してくれそうだから一緒にいて楽な気がするんだよね。私も干渉しすぎないし。あんなイケメンを旦那になんておこがましいにもほどがありますが(笑)。結婚となったら性格が一番合いそう。

 

先輩にいたら恋に落ちそうなのは?→淳太くん

えっ、あんなに心優しい人が会社の先輩にいたら恋に落ちるに決まってるよね??まず某マネージャーさんのように一目見て「この人かっこいい!」ってなって一目惚れするし、その上バリバリ仕事できてみんなの憧れの的なのにどこか抜けててかわいいなーって思ってたら、私が仕事でうまくいかなくて落ち込んでるときにすごく親身になってサポートしてくれてさー!魔法でも使ってるのかな?ってくらい心を読み取ってくれてまるで自分のことのように考えてくれて…淳太くんほんっと優しいんだもん…あー好き(泣)

 

スキーデートするなら?→照史くん

ウィンタースポーツならはまちゃんと思いきや照史くん。私ウィンタースポーツほんと苦手なんだけど笑、なんだかんだからかったりどSなこと言ったりしながらも面倒見よく手取り足取りいろいろ教えてくれそうだなって。仲間たち数人でゲレンデに来て、照史くんのお友達はみんなできるから上級者コースとかスイスイ行っちゃって、それなのに私全然できないからつまんないだろうにずっと私に付き添ってくれて、いっぱい笑わせてくれて、ごめんね?つまんなかったでしょ?って聞いたら「何言うてんねん!ホンマに楽しかったで!」ってあっけらかんと笑うの。でホテルに帰ってそのままゲレンデが溶けるほど恋したいよね…(古)

 

寂しいときそばにいてほしいのは?→神ちゃん

寂しいときってことは、彼氏と別れたかなんかかな?年下の幼馴染の神ちゃんのとこ行ってさ、私が寂しくてシュン…てして落ち込んでるのを察してワンコのようにただ横にいて体温を感じさせてくれる。言葉なんていらないの。で、何かあったかいご飯とか作ってくれて、「食べ?」って言ってくれてさー!優しさにポロポロ泣いちゃうよー(涙)元カレのこと散々愚痴ってそれを全部ウンウンって聞いてくれて、最後に「なぁ、俺にしとき?」とか言われたいーーー!!そんなん言われたら秒で落ちる。

 

生まれ変わるなら?→はまちゃん

お金持ちの淳太くんとか愛され末っ子のんちゃんではなくなぜ濵田なのか。いやーはまちゃんになりたいでしょー誰からも嫌われないはまちゃんになってのんちゃんからめっちゃ慕われたいし、淳太くんと深夜の公園デートしたいし、濵田軍団作りたいし、同期の照史くんと釣り行きたいし、何より爆モテリア恋野郎濵田くんになって女からモテまくりたい。女からモテまくる人生を送ってみたい。女をちぎっては投げちぎっては投げしたい(最低)。いやそういうことだけじゃなくて笑、自分が人としてオワてるので、あーいう仏のような人間になりたかった。

 

妄想楽しかった〜!!お目汚し失礼しました(笑)楽しいタグをありがとうございました!